【スポンサーリンク】

J815ドライバーをついに購入!数年前のモデルだけど、魅力を語る。

こんにちは。ゴルフブロガーの新吉です。

今回、新ドライバーとしてブリヂストンのJ815ドライバーを購入しました。

 

今更…と、お思いになる方もいらっしゃるでしょう。

発売当初はマットクーチャー選手も使用していたことでも話題にもなりました。

実際に入手し、使用してみるとかなり魅力的なドライバーということを再認識することができました。

 

ブリヂストン J815ドライバーとは

f:id:SHINKICHI:20171230130622j:plain

引用:http://www.bs-golf.com/

2015年に発売されたブリヂストンゴルフでの2作目のドライバーになります。

同じころに発売されたJ715シリーズのドライバーと比べ、若干優しい作りになっております。

 

J815ドライバーの大きな特徴は4つ。

 

1.クラウンのデザイン

これは細かく説明する必要はないかもしれませんが、この斬新的なデザインは多くのゴルファーを驚かせました。

しかし、このデザインはヘッドを真っすぐに引きやすい視覚効果を生み出す機能も備わっています。

 

2.パワースリット

 クラウンフェース側にスリットが施されており、インパクト時にこのスリットがたわみ、反発力を上げています。

3.パワーリブ

 そして、2番で紹介したパワースリットによって生み出されたたわみをこのパワーリブによってより反発するように設計されています。

4.パワーミーリング

フェースに細かい溝が施されており、この溝がバックスピンを減らし、また、フェース面でボールが滑らないのでパワーロスを最小限に抑えてくれます。

 

また、ソール部ヒール側に別付けウェイトが配置されているので、つかまりが良いヘッドになっています。

 

購入したスペック

 

今回購入したヘッドはJ815の9.5 度のヘッドです。

 

自分にあったクラブを選んでみよう。パター編

 

現在様々な形状のヘッドが販売されているパター。

いろんな種類があるということは選択肢が増えるということなのでいいことしかないように思えるかもしれませんが、購入する際、なかなか踏み切れないことがあるかと思います。

そこで今回はパター選びのポイントを紹介していきます。

 

大きく分けて3種類?

f:id:SHINKICHI:20170611221543j:plain

冒頭で多くの種類があると述べましたが、実は3種類に分けることができるのです。 どういう意味なのか。次に解説していきます。

ヘッドのバランス?

お持ちのパターを水平にして持ち上げて見てください。(机などにおいてみるのもよいです)フェースがどこを向いているかで区別することができます。次に詳しく見ていきます。

1.フェースバランス

まず最初はフェースバランス。 パターを水平にした時にフェースが真上を向くパターを指します。特に大型のマレットパターがこのバランスであることが多いです。

どのような特徴があるのか。

端的に言えばまっすぐに引いてまっすぐに打っていきたい人向けのパターになっています。

ヘッドがストロークを手助けしてくれるので、AT車のような存在と言えるでしょう。

まっすぐに引けてまっすぐに打ち出していける方用と言った方が正しいかもしれません。 パターのデータをとってみるとわかるのですが、多くの方は体の近くを通そうとしてしまい、どうしても内側にヘッドが入ってしまうのです。

 

しかし、このフェースバランスのパターを使い続けることによって、ストロークの軌道が修正されることもあるので、矯正の役割を果たしてもくれます。

2.トゥヒールバランス

今度は水平にした時にフェースが斜め上を向くモデルです。特にピン型のパターに多く見られます。

フェースバランスと、ヒールバランスの中間と言えます。

3.ヒールバランス

パターを水平にするとトゥヒールバランスよりも横を向くものを指します。主にL字パターに多く見られます。

石川遼プロ、藤田光里プロなどが使用しています。

PGAツアーではフィル・ミケルソン選手が使用しています。

フェースが開閉しやすいので、操作性には優れています。車でいうとMT車のような存在です。

パターは大きく分けると以上の3種類に分けることができます。 これを踏まえてどのようにして選んで行けば良いのでしょうか。 それは自分自身がパターをどのように打っていきたいかで変わってきます。

まとめ

f:id:SHINKICHI:20170220125921j:plain

ヘッドに頼ってストロークしたい方はAT車のようなフェースバランスのパターを。 自分の感性に従って、邪魔をしないヘッドを求める方はヒールバランスのパターを。 ヘッドの優しさも欲しいけれど、自分の感性も生かしてパッティングをしたいという方はトゥヒールパターを。 多くの種類があって迷うこともあると思いますが、参考になればと思います。

 番外編 オデッセイトゥアップ

ただ、この3種類、どこの部類にも属さないパターというものも少なからず存在します。

その中の一つ、トゥアップパターを簡単に紹介します。 トゥというのはヘッドの先端を指します。

通常のパターであればこのトゥの部分は下に垂れるのですが、トゥアップパターは水平にしてもトゥが上をを向いたままの特殊なパターです。

昨今話題に上がるブライソンデシャンボー選手も同じ製品ではありませんが、このモデルと同じようなバランスのパターを使用しています。

 

メーカーさん曰くどのようなストロークタイプの方にもフィットするというので興味ある方は是非試して見てください。

今まで読んできたゴルフ本紹介

こんにちは。ゴルフブロガーの新吉です。

 

今回はゴルフに関する本の紹介になるのですが、スイングレッスン本ではありません。

 

私自身、ゴルフブロガーと謳いながらスイングレッスン本は一切読みません。ある程度の型がしっかりしていればスイングは多種多様でよいと考えているのに加え、本では、いまいち伝わらないなと感じるからです。

 

今回紹介するのはタケ小山さんの本である『だからアナタはうまくなれない!』、『ゴルフは100球打つより見てなんぼ!』の二冊になります。

 

『だからアナタはうまくなれない!』

 

この本がゴルフをはじめて一番最初に買った本になります。

タケ小山さんはテレビ番組で見かけていたので、元々知っていたのと、

本のタイトルをみてドキリとしたのも購入動機です。

 

この本はゴルフに対する考え方を教えてくれる本です。

 

目次をいくつか紹介しますと、

 

  • プロとアマの最大の差はパッティングにあり
  • ドライバーの飛距離は何ヤード?
  • お先にをしないゴルファーは上手くならない
  • 朝イチのティショットは曲げてしまおう

などなど興味深い目次が多いのがこの本の特徴です。

まず一番最初のページでパッティングだけはプロに勝てると思っているアマチュアの方はいませんか?それは大きい間違いです。と、いきなりアマチュアの心を折ってきます。

しかし、それがこの本の良いところ。ズバッと厳しいことを言ってくれます。

 

『ゴルフは100球打つより見てなんぼ!』

 次に紹介するのはこちら。

ゴルフに興味を持ち始めてからゴルフ中継を見るようになりましたが、どこに注目してみれば良いのか分かりませんでした。

 

そんな時に解説者であるタケ小山さんのこの本を見つけ、購入に至りました。

 

この本はテレビでの観戦方法ではなく、実際現地に行った際の観戦方法も享受してくれます。

 

また、解説者目線でのプロのテクニックを紹介、クラブセッティングや、ゴルフ界の豆知識を紹介してくれたりと、内容の濃い一冊になっております。

 

 短くですが、二冊紹介させていただきました。

ゴルフに関する何かの壁にぶつかったとき、書籍に頼ってみるのもアリかもしれません。

 

ありがとうございました。

ゴルフ場のドレスコードって?

こんにちは。ゴルフブロガーの新吉です。

 

ドレスコードってそういえばどのくらいの方が理解しているのだろうか。と、ふと思い今回の記事を書く事にしたのですが、筆者はゴルフを始める前は恥ずかしながら

ドレスコードという言葉の意味さえ知らずにいました。

 

ドレスコードとは簡単に言えばその場に合った服装のルールです。ゴルフというスポーツにもドレスコードというものが存在します。また、ややこしいのがプレー中のドレスコードと、その他(ゴルフ場への行き帰り)ドレスコードと別れていることです。

 

ということで今回はゴルフ場のドレスコードについてです。

 

ゴルフ場のドレスコードの基本とは

 

ゴルフ場といえばもしかすると一番服装にうるさいスポーツかもしれません。これが

若者に普及しない理由の一つかもしれませんが。。。

 

基本ルールですが、ゴルフ場に向かう際はジャケットにスラックスというのがマナーです。

 

間違ってもTシャツにジーンズといった軽装で行ってはいけません。もしそのような軽装で行ってしまうと、追い返されてしまい、その日はプレーができないなんてこともなくはない話です。

 

スーツで来場する方もいますが、スーツはドレスコードを満たしているのでOKです。

 

また、プレー中に関しては襟付きのシャツは必須。シャツの裾はパンツの中にしまい、プレーをするのがマナーです。これが様になると大変格好が良いのですが、守っていない方を目にするのも事実です。

 

f:id:SHINKICHI:20171014161659j:plain

引用 

http://golf-gakko.com/golf-manner-433

ゴルフのドレスコードは今簡単に紹介しましたが、昨今はそうでもないことが多くなってきています。

 

どのようなケースが該当するのか。

 

最近のドレスコード事情

f:id:SHINKICHI:20170120133202p:plain

最近はゴルフ場によってはジャケットなしでも入場できることがあります。

 

むしろ、最近はこのようなゴルフ場が非常に多くなっているのが事実です。

 

プレー中は襟付きのシャツ(ポロシャツ等)、ゴルフパンツでプレーしますが、ゴルフ場へ行く時もその格好で良いことが多くなってきました。

ロッカーでわざわざ着替えなくて良いのでこれは随分と楽です。

 

また、プレー中の格好に関してもナイキゴルフから襟なしのシャツが販売されていたり、つなぎのようなゴルフウェアが販売されていたりと最近は非常に多様性に富んでいるのが現実です。

 

2017年の全英オープンでジャスティン トーマスがカーディガンにネクタイをしてプレーを行い、賛否が分かれましたが、今の時代にあった姿に変えていかなければ今後のゴルフ界の発展はないと思います。

 

ある程度の線引きは必要かもしれませんが、着たい服を着てプレーすることには賛成です。

 

まとめ

 

まず、ゴルフ場に向かう時はジャケットにスラックス。

 

そして、プレー中はポロシャツにゴルフパンツ。

これを間違えなければゴルフのドレスコードはバッチリです。

 

 

 

 

パターの距離感を磨くコツ

2オンに成功したと喜んでいてもグリーンのふちに乗ってしまい、相当なロングパットが残ってしまい、3.4パットしてしまうなんてこともあると思います。

 

3.4パットしてしまうには様々な原因が考えられますが、その中の一つの原因として1パット目の距離感が挙げられると思います。

1パット目にしっかりとカップの周りに寄せることができていれば回避できる可能性が非常に高まります。

 

そこで今回はパットの距離感についてまとめていきます。

 

1.基準の距離を作る

f:id:SHINKICHI:20170301214430j:plain

まず、一番大切なのは基準の距離を作ることです。

このストロークをすればこれだけの距離が出る。この基準を練習グリーンで作っておきます。

方法としてはボールを同じ場所から2.3球、同じストロークで打ちます。すると同じような場所にボールが集まると思います。

そして、打った場所から歩測を行います。

 

ここでの注意点はなるべく平らな場所で行うことです。

下りや上りが絡んでしまうとどうしても基準が作りずらいのでなるべく平らな場所で行いましょう。

どうしても平らなところがない場合は、上りと下りの両方で

歩測を行いましょう。両方から歩測を行い、その中間地点が基準の距離となります。

 

2.カップまでの距離だけを想定しない

f:id:SHINKICHI:20170220125921j:plain

いざ、パットだという時にルーティンの一環として素振りを行う方は多いと思います。しかし、カップまでの距離を素振りするだけではミスをする可能性が高いです。ミスを最小限にするため、カップまでの距離だけではなく、カップまでの半分の距離、カップをオーバーする距離の素振りを行ってみましょう。

 

色々な距離を想定した素振りを行うことで、距離感というものにより磨きがかかります。

 

先ほどの、ラウンド前の練習グリーンで行う歩測と様々な距離を想定して素振りを組み合わせると以下のようにしてある程度の距離感を養うことができます。

 

①練習グリーンで自分の中の基準となる距離を決める。

 

②グリーン上でボールからカップまでの歩測を行う。

 

③練習グリーンで定めた基準の距離の歩測と、実際の歩測を照らし合わせて素振りを行う。

 

④カップまでの半分の距離を打つ素振りと、カップをオーバーするような距離を打つ素振りを行う。

 

⑤実際に打つ

 

この工程を行うことで大きなミスは比較的減少していくと思います。

 

しかし、慣れないうちは打つまでにどうしても時間がかかってしまうと思うので、そこは同伴者の気持ちも考えながらプレーすることをお勧めいたします。

 

どうしてもショートしてしまう方へ

 

f:id:SHINKICHI:20170611221543j:plain

色々な方法を試し、試行錯誤してもどうしてもショートしてしまう方にはパターの変更をお勧めします。気分転換という意味もありますが、フェースが柔らかいインサートで作られているパターを使用することでこの悩みが解消されることがあります。

 

打感が固い、削りだしのパターというものが存在しますが、このパターはインゴッドをそのまま削って製造しているので金属の打感が直接に伝わってきます。このような固い打感のパターをショートしてしまう方が使うと悪化する可能性が非常に高いです。

 

理由は簡単。打感が手に伝わりやすいからです。手に打感が伝わりやすいと強く打ってしまうイメージが強くなり、パットがショートしてしまうのを悪化させてしまいます。

 

そこでフェースが柔らかいパターをお勧めするのです。オデッセイのRXシリーズはかなり柔らかいのでお勧めです。

 

また、いつもカップをオーバーしすぎてしまうと悩んでいる方は反対に削りだしパターのような固い打感を感じられるパターを使用することでオーバーの度合いが減少する可能性があります。

 

色々試してもダメだったという方は最終手段としてギアを変えてみるのもありかもしれません。