【スポンサーリンク】

パターの距離感を磨くコツ

2オンに成功したと喜んでいてもグリーンのふちに乗ってしまい、相当なロングパットが残ってしまい、3.4パットしてしまうなんてこともあると思います。

 

3.4パットしてしまうには様々な原因が考えられますが、その中の一つの原因として1パット目の距離感が挙げられると思います。

1パット目にしっかりとカップの周りに寄せることができていれば回避できる可能性が非常に高まります。

 

そこで今回はパットの距離感についてまとめていきます。

 

1.基準の距離を作る

f:id:SHINKICHI:20170301214430j:plain

まず、一番大切なのは基準の距離を作ることです。

このストロークをすればこれだけの距離が出る。この基準を練習グリーンで作っておきます。

方法としてはボールを同じ場所から2.3球、同じストロークで打ちます。すると同じような場所にボールが集まると思います。

そして、打った場所から歩測を行います。

 

ここでの注意点はなるべく平らな場所で行うことです。

下りや上りが絡んでしまうとどうしても基準が作りずらいのでなるべく平らな場所で行いましょう。

どうしても平らなところがない場合は、上りと下りの両方で

歩測を行いましょう。両方から歩測を行い、その中間地点が基準の距離となります。

 

2.カップまでの距離だけを想定しない

f:id:SHINKICHI:20170220125921j:plain

いざ、パットだという時にルーティンの一環として素振りを行う方は多いと思います。しかし、カップまでの距離を素振りするだけではミスをする可能性が高いです。ミスを最小限にするため、カップまでの距離だけではなく、カップまでの半分の距離、カップをオーバーする距離の素振りを行ってみましょう。

 

色々な距離を想定した素振りを行うことで、距離感というものにより磨きがかかります。

 

先ほどの、ラウンド前の練習グリーンで行う歩測と様々な距離を想定して素振りを組み合わせると以下のようにしてある程度の距離感を養うことができます。

 

①練習グリーンで自分の中の基準となる距離を決める。

 

②グリーン上でボールからカップまでの歩測を行う。

 

③練習グリーンで定めた基準の距離の歩測と、実際の歩測を照らし合わせて素振りを行う。

 

④カップまでの半分の距離を打つ素振りと、カップをオーバーするような距離を打つ素振りを行う。

 

⑤実際に打つ

 

この工程を行うことで大きなミスは比較的減少していくと思います。

 

しかし、慣れないうちは打つまでにどうしても時間がかかってしまうと思うので、そこは同伴者の気持ちも考えながらプレーすることをお勧めいたします。

 

どうしてもショートしてしまう方へ

 

f:id:SHINKICHI:20170611221543j:plain

色々な方法を試し、試行錯誤してもどうしてもショートしてしまう方にはパターの変更をお勧めします。気分転換という意味もありますが、フェースが柔らかいインサートで作られているパターを使用することでこの悩みが解消されることがあります。

 

打感が固い、削りだしのパターというものが存在しますが、このパターはインゴッドをそのまま削って製造しているので金属の打感が直接に伝わってきます。このような固い打感のパターをショートしてしまう方が使うと悪化する可能性が非常に高いです。

 

理由は簡単。打感が手に伝わりやすいからです。手に打感が伝わりやすいと強く打ってしまうイメージが強くなり、パットがショートしてしまうのを悪化させてしまいます。

 

そこでフェースが柔らかいパターをお勧めするのです。オデッセイのRXシリーズはかなり柔らかいのでお勧めです。

 

また、いつもカップをオーバーしすぎてしまうと悩んでいる方は反対に削りだしパターのような固い打感を感じられるパターを使用することでオーバーの度合いが減少する可能性があります。

 

色々試してもダメだったという方は最終手段としてギアを変えてみるのもありかもしれません。

低い球を打つには?

風が強い日。ボールは風次第になってしまう方は少なからずいると思います。自分が立っている場所の風は読むことができますが、上空の風を読むのは至難の技。

 

風が読めないのであれば、風に負けない球を打てれば問題ないですよね!

 

そこで、風の日には風に負けない低い球を上手く利用し、風の影響を受けないゴルフをしたいものです。

 

今回はそんな低い球を打つ方法をまとめていきます。

 

 

ティーショット編

 

最初に申しておきますが、ティーアップをしているティーショットで低い球を打つのは至難の業です。しかし、その中でも低い球打つコツを紹介していきます。

 

まず一つ目に道具に頼ってしまいましょう。ドライバーでのティーショットではナナメッティという商品があります。この商品は普通にティーアップすることで斜めにティーを挿すことができます。

 

普通のティーで斜めに挿すのは至難の業。させたとしてもボールがのりません。

斜めにセットすることで打ち出しが低くなり、スティンガーな球を打つことができます。

 

 

アイアン編

f:id:SHINKICHI:20170521223837j:plain

 

ここからは実用性の高いアイアンでの低い球を打つコツを紹介していきます。

 

まず欠かせない3つのステップを。

1.球は右足寄りに

 

球を右足に置くことでアイアンが球にインパクトする瞬間のロフトを殺します。(ロフトを意図的に立てる)ロフトを殺すことで打ち出し角を低くしてあげます。

左打ちの方は反対に左足側にボールをセットしましょう。

 

2.フォロースイングは低く長く

低い球を打とうとする際は打ち込むようにスイングするのではなく、払うように打っていきましょう。打ち込むようなスイングをしてしまうとしっかりとバックスピンが入ってしまい、低く打ち出せたとしてもスピンで球が浮き上がってしまいます。

 

低い球を打つ時は低く長くフォロースイングをするように心がければよい結果が待っているはずです。

 

3.体重は左足寄りに

 

最後のポイントは重心です。左足寄りにというのは右打ちの方が対象なので、左打ちの方は右足体重でスイングを行いましょう。

球を打ちだす方向に体重をかけることで低い球を打ちだすことができます。

 

まとめ

低い球を打つに大切なことは、球を右足側にセットし、重心は左足側に置き、フォロースイングは低く長くすることを心がけ、スイングを行う。

 

左打ちの方はフォロースイングを低く長く出すことに変わりはないですが、球の位置は左足側に、重心は右足体重に。

 

一般にネットで調べると右打ちの方基準で書いてある記事が多かったのでここで一応記しておきました。

 

 

 

 

打つ際の注意点

f:id:SHINKICHI:20170120133202p:plain

 

ここまで低い球の打ち方を紹介しましたが、ここで、低い球を打つ際の注意点をいくつか紹介していきます。

 

ロフトが立つ分飛距離が出る

 

低い球を打とうとする際、ボールを右足側に置くことになるので、インパクト時は通常よりもロフトが立つことになります。

ロフトが立つということはその分飛距離が出るようになります。

 

 

いつもより1番手短いクラブを使用するか、クラブを短く握るか。

低い球を打とうとする際は飛距離に注意してトライしてみてください。

 

球が右に飛び出しがち

 

ボールを右足寄りにセットするのでいつものインパクト位置よりも手前でインパクトすることになります。すると、フェースが返らないままインパクトを迎えてしまいます。

 

それを抑えようとするとアウトサイドインでインパクトを迎えてしまい、真っすぐ左に球が飛び出してしまいます。打ち出す方向のコントロールがなかなか難しいので、必ず練習してからコースで試してみてください。

低い球が打てるようになれば攻め方のバリエーションが増え、もっとゴルフが楽しくなるはずです。

 

ありがとうございました。

パット数を縮めよう!ラインの読み方

こんにちは。ゴルフブロガーのしんきちです。

今回はパターにまつわるお話。

 

パットを打つ際、ラインを読まずに打つ方はいないと思います。誰しもラインを読むのですが、ラインの読み方は人それぞれです。

 

ここでは様々なラインの読み方を羅列していきます。

 

まずは山がどこにあるのかを把握

f:id:SHINKICHI:20170611221214j:plain

 

河川敷などのコースでは参考にならないことですが、多くのコースで参考になる、山からラインを読む。ということを最初に紹介させていただきます。

 

ゴルフ場というのは山なりにつくってあることが多いといいます。理由は水はけです。山と対抗するように作ってしまうと、雨水がたまってしまい、雨が降るとラウンドどころではありません。

そういった理由から、山の傾斜なりに作ってあります。

 

ということは、山の位置が把握できれば、おおよその傾斜の傾向は把握できるということになります。

 

グリーン全体の傾斜を把握することができれば、左右どちらに切れるかは迷わずに打つことができます。

 

山がある方から谷のほうへ傾斜するということが分かっていれば、どの方向に曲がるのかはおおよそ見当がつくと思います。

 

グリーンに乗ってから考えるのは遅い?

 

f:id:SHINKICHI:20170220125921j:plain

さて、グリーンにオンした。どんなラインになっているかな?これでは手遅れです。

 

グリーンに乗る前からグリーン全体を見まわしておきましょう。グリーンに乗ってからだと全体の傾斜はかなり分かりづらいです。

 

グリーンに乗る前であれば全体を見渡すことができ、全体像を把握することができます。

 

打つところの反対からもラインを読む

f:id:SHINKICHI:20170611221427j:plain

ここまでは全体のおおよその傾斜の読み方を紹介してきました。ここからはより具体的なラインの読み方を紹介していきます。

まずは打つところからだけでなく、反対側からもラインを読んでみましょう

 

これだけでより具体的なラインを読むことができます。

 

反対側から見てみると、同じところを見ているのに曲がり方が。、傾斜が変わっているかのように思えます。しかし、情報が多いことに越したことはありません。

 

ここで注意してほしいことは時間をかけすぎないことです。時間をかけすぎてしまうと何が問題かというと同伴者に迷惑をかけてしまうことです。

ゴルフは個人のスポーツですが、一緒に楽しむ方々がいます。

 

気を使いつつ、慣れた手つきでラインを読んでみましょう。

 

芝目の影響も忘れずに

 

f:id:SHINKICHI:20170611221521j:plain

ここで忘れてはいけないのが、芝目の影響です。芝目の影響とは、芝がどの方向に向かって生えているかによって曲がり具合が変わってくるということです。

 

芝が傾斜に倣って生えていると、曲がり具合が普段より大きくなります。反対に傾斜と対抗するように生えているのであれば曲がろうとするボールに芝が対抗してくるので曲がり幅が思ったよりも抑えられることになります。

 

打つ強さによってラインは変わる?

 

f:id:SHINKICHI:20170611221543j:plain

最後にラインは人それぞれということを紹介して終わりにしたいと思います。

 

同じところから打っても人それぞれ曲がり幅は変わってきます。それはどのくらいの強さで打ち出すかによって変わってきます。

 

ジャストタッチで打とうとする方は当然カップに届くまでの時間が長いので傾斜の影響を受けますし、また、強めに打ち出すより、球足が遅いので、つるつると傾斜に負けて転がっていってしまいます。

また、強めに打ち出す方はラインの影響を受けづらいというメリットがあります。

 

強めに打つということは傾斜の影響を受ける時間が短いですし、球が強いので傾斜の影響を受けることが少なくて済みます。

 

しかし、外した時のダメージが大きいのでどういったプレースタイルで攻めるかは色々試してみて自分に合ったスタイルを見つけてみてください。

 

ありがとうございました。

赤スパイダー人気の秘密とは?

 

 

こんにちは。ゴルフブロガーの新吉です。

 

ここ最近PGAツアーを見ているとこのパターを多くみかけないですか?

f:id:SHINKICHI:20170610212851j:plain

引用:

http://taylormadegolf.jp/TaylorMade/SPIDER-TOUR-RED%E3%80%90%E6%95%B0%E9%87%8F%E9%99%90%E5%AE%9A%E3%80%91/DW-IPP90.html?cgid=taylormade-putters-spider#start=2&

 

テーラーメイドのスパイダーツアーレッドパターです。

 

テーラーメイド契約外選手も使用するくらいの人気となっております。

主な使用選手としては、ジェイソン・デイ、セルヒオ・ガルシア、ジョン・ラーム選手が挙げられます。

 

ここまで人気が出たのには理由があるはず!この記事内で人気の理由を探っていきます。

 

スパイダーツアーレッドパターとは

 

最初に使用を始めたのは元世界ランキング1位、現在3位のジェイソン・デイ選手になります。

f:id:SHINKICHI:20170610215221j:plain

引用:http://news.golfdigest.co.jp/news/tgt/pga/article/63074/1/

 

当初はジェイソン・デイ選手に特注として製造したようで、販売する予定はなかった様です。

 

製造過程はこちらから動画で見れます。

 

www.youtube.com

赤色なのはセアカゴケグモというオーストラリアに生息する赤い色の蜘蛛に由来するそうです。(ジェイソン・デイ選手はオーストラリア出身)

 

さて、このパター。今までのパターとどの部分が異なるのでしょうか。

 

赤スパイダーの特徴

カラーリング

 

 

まずは何といってもカラーリングです。

f:id:SHINKICHI:20170610221254j:plain

引用:

http://taylormadegolf.jp/TaylorMade/SPIDER-TOUR-RED%E3%80%90%E6%95%B0%E9%87%8F%E9%99%90%E5%AE%9A%E3%80%91/DW-IPP90.html?cgid=taylormade-putters-spider#start=2&

 

グリーン上でこの赤パターは非常に映えます。アライメントがとりやすい効果があるように思えます。ジェイソン・デイ選手が使用しているモデルはセンターラインなどのアライメントが一切ないですが、ショップ等で販売されているものを見るとアライメントが入っているモデルも存在します。

 

ショートスラントネック

このパター最大の特徴はネックの形にあります。

f:id:SHINKICHI:20170610223114j:plain

引用:

http://taylormadegolf.jp/TaylorMade/SPIDER-TOUR-RED%E3%80%90%E6%95%B0%E9%87%8F%E9%99%90%E5%AE%9A%E3%80%91/DW-IPP90.html?cgid=taylormade-putters-spider#start=2&

 

ネックの形が珍しいのが画像で分かると思います。

 

このネックの恩恵はストロークに影響していきます。

 

通常こういったネオマレットのパターはフェースバランスのパターが多いのですが、

f:id:SHINKICHI:20170610230525g:plain

引用:http://www.golf-okamura.com/golf/ST_EXReport14_13.html

このネックを採用したことによって、ネオマレットのパターにもかかわらず、トゥヒールバランスの仕上がりにっております。

f:id:SHINKICHI:20170610230549g:plain

引用:http://www.golf-okamura.com/golf/ST_EXReport14_13.html

このようにパターを平行にすると斜め下を向くのがヒールトゥバランスのパターになります。

 

ネオマレットのパターにもかかわらず、トゥヒールバランスだとどうなるのか…

ネオマレットの安定感を損なわないまま、自分の感性を生かしたストロークを行えるので、結果、いいとこ取りのパターに仕上がっています。

 

余談ですが…

最後に小ネタを少し。

 

この赤スパイダーの人気に便乗して?オデッセイも赤色のパター製造し始めたようです。

f:id:SHINKICHI:20170610231435j:plain

引用

http://www.golfwrx.com/451758/spotted-red-odyssey-o-works-putters/

そういうことじゃないような気がしますが…もしかしたら赤いパターがツアーを席巻する日が来るかもしれません。

 

ありがとうございました。

 

 

マスターズの経済効果はどれほど?

4大メジャー大会の一つとして存在するマスターズ。ですが、マスターズというのは他のメジャー大会と比べても特別な存在です。特別な存在を表すように、このマスターズはゴルフの祭典とも呼ばれています。

f:id:SHINKICHI:20170609213511j:plain

そんなマスターズですが、大会期間中どれほどの経済効果があるのかを考察しつつ、まとめていきたいと思います。

 

チケット代

f:id:SHINKICHI:20170609212432j:plain

まず入場者数ですが、カウントは練習ラウンドが行われる月曜日から、最終日の日曜日までをカウントします。本戦が行われる木曜日から日曜日の各入場者数は約4万人。(チケット35000枚+α)

大会期間中よりもチケット代が安価な月曜日から水曜日は本戦期間中よりも来場者が多いと予想します。さらに水曜日はマスターズの名物イベントであるパー3コンテストが行われるので、月曜日から水曜日の3日間は来場者を月曜日、火曜日は4万人とし、水曜日を5万人と予想します。

 

すると、累計来場者数は29万人となります

 

そしてチケット代ですが正規に買うとすれば、月曜日から水曜日は1枚65ドル。そして木曜日から日曜日は325ドルとなります。

これを計算すると、月曜日から水曜日の来場者数は累計13万人、チケット代が65ドルなので、130.000×65=8.450.000となります。日本円に換算すると約9億円になります。

そして、本戦期間中はチケット代が325ドルと跳ね上がり、来場者は35000人。1日の来場者が35000人として、4日間行われるので、35.000×4=140.000

140.000×325=45.500.000となり、これも日本円に換算すると約50億円

チケット代だけで約60億もの経済効果を生み出しています。さらに連日足を運ぶ方や、遠方からやってくる方もいるので宿が必要になりますので、オーガスタナショナル付近に宿泊施設にも恩恵は及びます。

マスターズ開催期間中はオーガスタナショナル付近にある宿泊施設の宿泊費が高騰し、高いところでは普段の20倍の値段がするそうです。

 

物販 

f:id:SHINKICHI:20170609212750j:plain

そして、チケット代に加え、グッズ販売も行っているので、そこからも経済効果は生み出されます。チケットを購入して入場する方は約29万人。そしておそらく招待者もいると思うので、29万人+α

一人当たり100ドル使用すると計算しても約3000万ドル。日本円に換算すると約30億円とすることができます。

 

放映権 

f:id:SHINKICHI:20170609213129j:plain

また、最後に忘れてはならないのが放映権です。マスターズの番組制作は調べたところ、CBSが行なっているようです。

 

そこから、CBSがマスターズ運営委員会に制作費を請求し、その後、マスターズ運営委員会はCBSの製作したものを海外に向けて販売していきます。その額はおよそ2500万ドル、日本円に換算すると27億5000万円です。

 

ここまでの累計はチケット代が59億円、物販が30億円、そして、放映権料が27億5000万円なので、116億5000万円となります。今回の試算は低めに見積もっているので、最低この額といった見方をしていただければ幸いです。

 

細かいことを言えば、今回の試算額はマスターズのみで生み出されるものになるので、周辺の商業施設、ホテル、レストラン、オーガスタナショナルまでの交通、その他諸々を考えれば相当な額がこのゴルフの祭典で動いていることになります。

 

そんなことも考えながら観戦すればマスターズはもっと面白くなると思います。