【スポンサーリンク】

カチャカチャの次に流行するものとは

こんにちはゴルフブロガーの新吉です。

 

今年もあとわずか数週間となりましたが皆さん打ち納めにはいかれたでしょうか?

 

今回はクラブについて。

今では当たり前の機能となったカチャカチャ

f:id:SHINKICHI:20161212104735j:plain

引用:http://www.golfdo.com/knowledge/article/no16.html

このようにヘッドについているねじを回して自分に合ったクラブに調整する機能を備えたゴルフクラブ。

 

言い方はメーカーによってさまざまで、SURE FIT®Hoselやアジャスタビリティと言ったりもします。

 

この機能は一大ブームを起こし、今や当たり前の機能として定着しました。

では、このカチャカチャの次にブームを起こすのはどのようなクラブなのか。推察していきたいと思います。

カチャカチャブームの理由

最初にこのテクノロジーを採用して販売したのはテーラーメイドだった記憶があります。

f:id:SHINKICHI:20161212110200j:plain

引用:http://taylormadegolf.jp/PreviousModel_Drivers_2009.html

 

2009年発売のR9です。

このころはまだまだほかのメーカーは固定式のクラブを製造していました。販売した当初自分はここまで普及するとは思ってもいなかったです。

 

しかし、今ではほとんどのメーカーがこのカチャカチャを搭載しているクラブを製造しています。ではカチャカチャのメリットとはどのようなものなんでしょうか。

 

理由1 リシャフトが手軽に行える

f:id:SHINKICHI:20161212112751j:plain

引用:http://www.mitsubishirayongolf.com/product.php?cmd=fubuki_k&lang=jp

このカチャカチャが普及するまでリシャフトをするというと工房に出し、ネックの溶接部分から既存のシャフトを抜き、新たなシャフトを挿すという方式で行っていましたが、カチャカチャが搭載しているクラブであればねじを回すだけで簡単に行うことができます。

 

 

また、ねじを回すだけなのでクラブへの負担が少なく恐れることなくリシャフトを行うことができます。

理由2 複数のクラブを持っているような感覚になる

弾道を調整できるという点や、フェース角を開閉できるので、似て異なるスペックのクラブを複数持っているのと同じことになります。  

 

フィッティングして細かなところまで調整したのを手軽に購入することができる。そういっても過言ではありません。購入した後に練習場で細かな調整をカチャカチャが搭載してあればすることができます。

 

カチャカチャのデメリット

もちろん。このような素晴らしい機能にもデメリットもあります。

 

デメリット1 耐久面

どうしてもネックが固定していないクラブと比べると耐久性が劣ってしまいます。

 

試打マシンにて何千球ものゴルフボールを試打すると耐久性での差が生まれるそうです。

 

デメリット2 迷いが生じる

調整機能がなければ一切起きないのがこの問題です。

 

どうしても不調に陥るときがあります。そうなってしまうとクラブが原因かな?と疑うこともしばしば。

 

そこで持っているクラブに調整機能がついているといじってしまうんですね。そこから迷宮に…なんてことが起きてしまう可能性は無きにしも非ずなので、その際は注意しながら調整機能をいじりましょう。

 

また、最近ウッド類をテーラーメイドに変更したタイガーウッズは以下のように述べています。

 

「使用ギアはテスト中です。アイアンは古いモデルですが、何も心配していません。そして、フェアウェイウッドに関してもテスト中で、ゴルフボールも同じです。それらのギアは使ってから、まだそれほど時間が経っていないからです。今週、皆さんに(記者会見で)お伝えしたとおり、ウッドのホーゼルが固定されていないクラブでプレーするのは今回が始めて。だから、調整機能付きという事やホーゼル内のウェイト、そしてクラブ全体の重量配分などは、技術的に今まで使ってクラブとは異なります。そしてまた、フィーリングも違います。ボールを打った際、多くの良い点と悪い点がありました。気持ち良く打てるようになるには、さらに多くのテストが必要です」

jp.pgatour.com

 良い点もあれば悪い点もあるとタイガーは述べています。細かいところはわかりませんが何か感じるものがあったようです。

カチャカチャの次に流行るのは

 

原点回帰。これに尽きると思います。

 

最近ではブリヂストンゴルフが…

f:id:SHINKICHI:20161212123324p:plain

引用:http://www.bs-golf.com/bs-products/club/driver/xd-3.html

 

新モデルとして販売したのは固定式のウッドでした。

X-DRIVEを思い出す仕上がりになっています。

 

また、

f:id:SHINKICHI:20161212123454j:plain

引用:http://www.honmagolf.co.jp/jp/tourworld_vizard/product/product_445.html

 

HONMAはカチャカチャをどのクラブも搭載していません。流れに乗らない芯があるスタイル。かっこいい…。

 

次のクラブを探している方はぜひ原点回帰として固定式のクラブを購入してみるのもよいかもしれません。

 

ありがとうございました。

スリクソン ZSTARこれ以上何が進化する?

こんにちは。ゴルフブロガーの新吉です。

 

今回はゴルフボールについての記事ですが、みなさんはどこのメーカーのボールを使用していますか?

 

タイトリスト、スリクソン、ブリヂストン、などなど今では多くのメーカーからゴルフボールが販売されています。

 

そして中でも今回取り上げるのはスリクソンZ STARシリーズです。

f:id:SHINKICHI:20161206133746j:plain

引用:http://golf.dunlop.co.jp/products/ball/bestball.html

 

新製品の発売が発表されたので今が買い時です。

 

 

もう完成しきっているような印象を持っています。純粋にこれ以上どこをどう改良するの?といった疑問を抱いたので私的に考察していきます。

 

他社の技術を取り入れるしかない説

 

もうここまでくると他社のテクノロジーを採用するしかないと思ってしまいます。丸パクリするのではなく、、、似たような性質を持つ技術を開発していただいて

 

ってこんな簡単に言ったら怒られそうですが、本当にそれほどまでに完成しきっていると思いますが、他社のテクノロジーを採用するのであれば

 

まずは!

f:id:SHINKICHI:20161206140352p:plain

引用:http://www.bs-golf.com/bs-products/ball/tour_b330_b.html

 

ブリヂストンボールの特徴の一つであるスリップレスバイコーティング

初めてこのボールを手にしたとき本当に驚きました。

 

この技術はボールの摩擦係数を高め、打った時にフェースの上で滑らないようにするのですが、本当に滑らない。

 

わかりやすいのはこのモデルのボールを二つすり合わせてみてください。本当に動きません。

 

もう一つ技術を取り入れるのであれば、、、

ナイキ!

 

f:id:SHINKICHI:20161206141311p:plain

引用:http://www.nike.com/jp/ja_jp/c/golf/rzn-tour#HDx2VGcyPH-2

 これはナイキ独自のテクノロジーで、ディンプルの中に小さいディンプルがいくつも施されています。なんでも空力学に基づいているそうです。

 

しかし、ナイキのボール開発の中心であったロック石井さんが、ナイキのゴルフ事業撤退により、キャロウェイに移籍したのでもしかしたら次のキャロウェイボールにこの技術が搭載されているかもしれません。

 

新製品情報

 

はい。そんなスリクソンZSTARシリーズですが、新モデルが発表されています。

f:id:SHINKICHI:20161206134139j:plain

ダンロップスポーツ(株)は、ゴルフボール「NEW スリクソン Z-STAR」と「NEW スリクソン Z-STAR XV(エックスブイ)」の2種類を2017年2月10日から新発売します。価格はいずれもオープン価格です。

 プロ、上級者から「風に強い」「とにかく飛ぶ」「スピンが効く」と支持され世界で勝利数を積み重ねている「スリクソン Z-STARシリーズ」は、松山 英樹選手をはじめPGAツアーなど世界で活躍する契約選手の要求に応え、大きな飛びとスピンコントロール、心地よいフィーリングを実現するためにさらに進化しました。

 このボールは松山 英樹選手をはじめ、谷原 秀人選手、片山 晋呉選手、プラヤド・マークセン選手、 イ ボミ選手、笠 りつ子選手、全 美貞(ジョン ミジョン)選手などが既にツアーで使用しており、全世界で18勝を挙げています。(2016年11月14日現在)

引用:http://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2016/s23.html

 HPにはこのように記載されています。

特長1.新構造コアと新開発ディンプルで、無風条件はもちろん、アゲンストでもとにかく飛ぶ

 「NEW スリクソン Z-STAR」は、従来品よりソフトな「スーパーソフトE.G.G.大径コア」と「新開発強弾道338スピードディンプル」で、「NEW スリクソン Z-STAR XV」は、「高反発E.G.G.大径2層コア」と「強弾道338スピードディンプル」で飛距離アップを実現しました。これらはアゲンスト時でも威力を発揮し圧倒的な飛びを体感できます。

 

 まずはコアの部分から。前回よりソフトなコアを採用したということなので、打ち出し角の向上、余計なスピンの減少を図っていると思われます。

前回のZSTARよりもランが出るのかもしれません。

 

ボールスピードを維持しながら飛び、落ち際に強い「新開発強弾道338スピードディンプル」

 大小5種類のディンプルを、占有率を高くした新配列で配置。打ち出し時の抗力係数を小さくすることで空気抵抗を減らしボールスピードをより高く維持します。最高到達点以降の後半では揚力係数を大きくすることで、ボールがさらにひと伸びし飛距離アップを実現します。

 

 また、ディンプルにも改良を加えています。

新モデルのスリクソンZ65シリーズのドライバーは低スピンになる傾向があります。その分を補うようにボールが製造されているのかと思います。

 

「NEW Spin Skinコーティング」と、当社独自開発の0.5mmの極薄でソフトなウレタンカバーとの組み合わせにより、芝を噛んだ条件下でのスピン性能もアップ。さまざまな条件下で安定し優れたスピン性能を発揮します。

  1. <<キーテクノロジー①:「NEW Spin Skinコーティング」>>

     従来品よりも13%ソフト化した「NEW Spin Skinコーティング」により、摩擦係数がさらにアップ。

  2. <<キーテクノロジー②:「高耐久0.5mm極薄スーパーソフトウレタンカバー」>>

     「高耐久0.5mm極薄スーパーソフトウレタンカバー」で、心地よいフィーリングを生むだけでなく、ウエッジショットでの傷つきにも強さを発揮。

そして最後にカバー。摩擦係数をアップさせ、スピンがより効きやすいように。しかし、そうするとどうしてもボールに傷がつきやすくなってしまいます。

 

しかし、新採用のウレタンカバーがそれを防いでくれるそうです。

 

 終わりに

 自分の脳だとこれぐらいしか思い浮かばなかっのが悔しい。

次の新製品はどのような進化を遂げてくるのか。

新製品はやはり楽しみなもので、発売は来年なのにも関わらず今からソワソワ

 します。

 

ゴルフショップ店員が実際に使用している練習器具を紹介します!

こんにちは。ゴルフブロガーの新吉です。

 

寒くなってきたこの頃。外に出て練習するは億劫だと感じる方はいらっしゃると思います。

 

そんな方にお勧めしたい室内で使用することのできる練習器具を紹介していきます。

 

ウレタンボール

 

 まずはこのウレタンボール。室内で打っても何かを壊したりする心配がなくなるので安心して練習することができます。

 

室内にて普通のゴルフボールでアプローチの練習していた時、誤って窓ガラスを割ってしまいました。パンチが入ってしまったんですかね…

 

その日から室内での練習禁止令がでました。

 

しかし、

 

練習したい。

そんなときにこのボールを購入しました。

 

フルスイングしたらこのボールでも危ないですが、普通のゴルフボールよりははるかに危険度は少なくなります。

 

パターマット

 

 次はこちらのパターマットです。

ほかのパターマットと異なる点はカップが小さいことにあります。

 

実際のカップよりも一回り小さく、距離感も合わなければなかなか入ることはありません。これがまたイライラすることもあるのですが、練習になることは間違いなし。

 

人によってはこのパターマットで練習した後にコースに出るとカップが大きく見えることもあるそうです。

 

iping

 

これは自分でどのようにパターを打っているか一目瞭然でわかるものです。

 

こちらの記事でも紹介しています。

 

blog.shinkichigolf.net

 

 自宅で活用されている方は少ないかもしれませんが、あるとなかなか便利です。

このipingの器具と、アイフォンがあれば使用することができます。

 

アイフォンでipingのアプリをダウンロードすればすぐに使用することができます。

 

まとめ

 

室内で練習できることはすくないですが、反対に外の練習で普段しないようなことをすることができます。

 

小技を磨くには室内での練習が効果的です。この冬は小技を磨いていきましょう!

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

ラウンド中どのような会話をしていますか?

こんにちは。ゴルフブロガーの新吉です。

 

いきなりですがラウンド中ってみなさんどのような会話をしているのでしょうか?

 

ゴルフは実際にボールを打っている時間は18ホールで3分と言われています。約5時間のうち、3分です。では余った時間は何をしているかというと、

大半を会話がしめます。

 

コミュニケーションに不安があるから自分には無理だな。と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

そのような方にこそお勧めしたいのがゴルフです。

 

なぜゴルフをおすすめするのか。

 

ゴルフというのは状況がその都度変化するので会話が尽きないからです。

 

これどう打ったらいいかな?

 

ここから狙えるかな?

 

 

などなど

本当に多くの会話が交わされます。それも喫茶店で数時間話せといって話すのとは訳が違います。

動きつつ、そのときの状況に合わせて会話が流れていきます。

 

もし本当に口下手なのであれば、

 

ナイスショット、

 

ナイスイン

 

など、相手を賞賛する言葉だけでも述べていけば自然と話せるようになるはずです。

 

また、気遣いができるかどうかもゴルフで測ることができます。

 

接待でよくゴルフが用いられるという話を聞きますが、ゴルフをやってみるとこれも納得です。

 

計測器があれば自分のボールだけでなくお仲間さんの分の距離も測る、クラブを渡す、率先してカートを運転する。

 

できることはたくさんあります。

 

嫌でも同じ時間を同じ場所で過ごさなければなりません。また、それも長時間なので、、、。話したいことも十分に話すことができるでしょう。

 

 

私がする会話の一例

 

ここにほんの一例ですが私がよくする会話を載せていきます。

 

クラブについて

 

これは同じカートに積んでいるのでチラッとみることができます。往年の名機クラブや最新クラブが積んであればそれをきっかけに話すことがあります。

 

クラブセッティングにこだわりがある人であればなおさらそうでない人でもクラブを褒められるととても嬉しいです。

 

最近の調子

 

いつラウンドしたのか。その時はどうだったのか。直近の調子を聞くことも多いです。

 

これがなかなか盛り上がる。

 

この前はこうだったのに今日は調子がいいなぁ‼︎なんて言った後は大抵ミスショットです。

これが面白いんです笑

 

コースの攻め方

 

ティーグランドで待っているときにこの会話は多くします。

このホールはどのようにして攻めたらいいか、どこになはずしても良いか。

 

 

などなど。

本当に話題は尽きません。

 

同じ趣味の人と1日を通してゴルフをしていたら必然と仲良くなることができます。

 

コミュニケーションツールの一つとしてゴルフを始めてみてはいかがでしょうか。

 

ありがとうございました。

ナイターゴルフ体験レポート「成田の森カントリークラブ」

こんにちは。ゴルフブロガーの新吉です。

 

このまえナイターゴルフというのを初体験してきました。

 

友人に聞くまでその存在を知らなかった私にとって衝撃でした。

あの広大な土地を証明が照らしきることができるの

ボール何個なくすの?など、不安材料はたくさんありましたが、百聞は一見に如かず。

 

とりあえず行ってきましたのでこの記事にまとめていきます。

 

回ったコース

今回回ったのは成田の森カントリークラブ

booking.gora.golf.rakuten.co.jp

f:id:SHINKICHI:20161117102727p:plain

位置は千葉県の成田市になります。都心からも京葉道路を使えば1時間ほどでつくのでアクセスもいいです。

 

ナイターゴルフができるということで、最終スタート時刻は20時。通常のゴルフ場であれば考えられない時間にスタートすることも可能です。

 

回ってみた感想

まずは新鮮さが味わえます。いつも朝日がまぶしい時間にスタートし、夕日が沈むころに帰宅するのが通常でしたが、夕日が沈むころにスタートするのはとても気持ちがよかったです。

そして、だんだんと暗くなっていくにつれてなんだかテンションが上がってきます。

何も面白いことがなくてもにやにやする不思議な感覚でした。

f:id:SHINKICHI:20161116170147j:plain

写真だとそれほど伝わらないのですが、本当に暗いです。

LED証明があるといってもゴルフ場の隅々まで照らしているわけではないので、左右に外すとボール探しが困難になります。

 

もっと暗くなってくると・・・

f:id:SHINKICHI:20161116170158j:plain

この有様です。実際行くともっと暗いです。なのでカートは全自動リモコン付き。カートが手動だったら事故多発ですな。

 

コース自体は距離が短く、アップダウンもそれほどないのですが、いかんせんボールが見つからない。

フェアウェイの葉っぱが照明の光に反射して遠くから見ると全部ボールに見えるのでボール探しに苦労しました。

 

しかし、楽しい。友人と二人でラウンドしましたが、なんだか二人ともノリノリだったのを覚えています。

 

 

ナイターゴルフは有りか無しか

これは間違いなくありです。このわくわく感はナイターゴルフでしか体感できないと感じました。

 

また、この成田の森カントリークラブには宿泊施設があるのでナイターハーフだけラウンドして、翌日1ラウンドするといったことも可能です。

 

 

  • 午前中はどうしてもいけないので午後からプレーしたい
  • いつもと違った雰囲気でプレーしてみたい

このような方にお勧めができます。

 

ラウンドする際の注意点としてはカラーボールは夜見えづらいので使用しないことです。

案外白が一番見えました。

 

マンネリを感じている方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

ありがとうございました。