【スポンサーリンク】

マスターズの経済効果はどれほど?

4大メジャー大会の一つとして存在するマスターズ。ですが、マスターズというのは他のメジャー大会と比べても特別な存在です。特別な存在を表すように、このマスターズはゴルフの祭典とも呼ばれています。

f:id:SHINKICHI:20170609213511j:plain

そんなマスターズですが、大会期間中どれほどの経済効果があるのかを考察しつつ、まとめていきたいと思います。

 

チケット代

f:id:SHINKICHI:20170609212432j:plain

まず入場者数ですが、カウントは練習ラウンドが行われる月曜日から、最終日の日曜日までをカウントします。本戦が行われる木曜日から日曜日の各入場者数は約4万人。(チケット35000枚+α)

大会期間中よりもチケット代が安価な月曜日から水曜日は本戦期間中よりも来場者が多いと予想します。さらに水曜日はマスターズの名物イベントであるパー3コンテストが行われるので、月曜日から水曜日の3日間は来場者を月曜日、火曜日は4万人とし、水曜日を5万人と予想します。

 

すると、累計来場者数は29万人となります

 

そしてチケット代ですが正規に買うとすれば、月曜日から水曜日は1枚65ドル。そして木曜日から日曜日は325ドルとなります。

これを計算すると、月曜日から水曜日の来場者数は累計13万人、チケット代が65ドルなので、130.000×65=8.450.000となります。日本円に換算すると約9億円になります。

そして、本戦期間中はチケット代が325ドルと跳ね上がり、来場者は35000人。1日の来場者が35000人として、4日間行われるので、35.000×4=140.000

140.000×325=45.500.000となり、これも日本円に換算すると約50億円

チケット代だけで約60億もの経済効果を生み出しています。さらに連日足を運ぶ方や、遠方からやってくる方もいるので宿が必要になりますので、オーガスタナショナル付近に宿泊施設にも恩恵は及びます。

マスターズ開催期間中はオーガスタナショナル付近にある宿泊施設の宿泊費が高騰し、高いところでは普段の20倍の値段がするそうです。

 

物販 

f:id:SHINKICHI:20170609212750j:plain

そして、チケット代に加え、グッズ販売も行っているので、そこからも経済効果は生み出されます。チケットを購入して入場する方は約29万人。そしておそらく招待者もいると思うので、29万人+α

一人当たり100ドル使用すると計算しても約3000万ドル。日本円に換算すると約30億円とすることができます。

 

放映権 

f:id:SHINKICHI:20170609213129j:plain

また、最後に忘れてはならないのが放映権です。マスターズの番組制作は調べたところ、CBSが行なっているようです。

 

そこから、CBSがマスターズ運営委員会に制作費を請求し、その後、マスターズ運営委員会はCBSの製作したものを海外に向けて販売していきます。その額はおよそ2500万ドル、日本円に換算すると27億5000万円です。

 

ここまでの累計はチケット代が59億円、物販が30億円、そして、放映権料が27億5000万円なので、116億5000万円となります。今回の試算は低めに見積もっているので、最低この額といった見方をしていただければ幸いです。

 

細かいことを言えば、今回の試算額はマスターズのみで生み出されるものになるので、周辺の商業施設、ホテル、レストラン、オーガスタナショナルまでの交通、その他諸々を考えれば相当な額がこのゴルフの祭典で動いていることになります。

 

そんなことも考えながら観戦すればマスターズはもっと面白くなると思います。

 

ワンレングスアイアンのメリット・デメリット

 

こんにちは。ゴルフブロガーのシンキチです。

 

今回は、密かに話題になっているワンレングスアイアン(シングルレングスアイアン)について独自の意見を取り入れつつ、まとめていきます。

 

ワンレングスアイアンとは

f:id:SHINKICHI:20170521223756j:plain

http://www.alba.co.jp/sp/gear/column/article?title_id=10&id=90&page=3

 

ワンレングスアイアンとは文字の通り一つの長さしかないアイアンのことを指します。

 

どの番手のアイアンも均一の長さで組み立てられている、今までにはなかったアイアンになります。

 

横文字であまり聞いたことのない言葉なので疑問を抱く方もいらっしゃるとおもいますが、これからはこのワンレングスアイアンが当たり前の時代になってくるかもしれません。

 

このワンレングスアイアンが注目されるようになったのは一人の選手の影響が大きいことが言えます。

その選手とはブライソン・デシャンボー選手です。

自らをゴルフサイエンティストと称するブライソン・デシャンボー選手が使用していることで注目を集めました。

f:id:SHINKICHI:20170521224236j:plain

http://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/?search=ブライソン・デシャンボー&imageId=152501

 

「7番アイアンまでだったら自信を持って打つことができるのになぁ…」

今までにこう思ったことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そのような思いを形にしたのがこのワンレングスアイアンになります。

 

ではシャフトの長さを均一にするとどのような効果が生まれるのか。良い点と悪い点をまとめていきます。

 

ワンレングスアイアンのメリット

f:id:SHINKICHI:20170521223837j:plain

http://news.golfdigest.co.jp/news/gear/article/68727/1/

 同じスイングですべての番手が打てる

この点がワンレングスアイアン最大のメリットだと感じます。通常のアイアンであれば番手ごとに長さが異なるので微妙に前傾角度やスイングプレーンが異なります。

ワンレングスアイアンでれば、アイアンのスイングは一つでよいのです

これは現代の技術が可能にした優しさだとおもいます。

 

ロングアイアンが簡単に。

ゴルフクラブというのは長くなればなるほど難しくなり、ロフトがたてばたつほど難しくなります。

3,4番アイアンというのは満足に打てるアマチュアはごくわずかであるといえます。

 

しかし、ワンレングスアイアンであれば長さは7番アイアンほどなので多くの方が3.4番アイアンを打つことができるようになります。

ワンレングスアイアンのデメリット

ロングアイアンが簡単になるのと引き換えにショートアイアンの飛距離合わせに最初は苦労すると思います。

 

長いクラブでアプローチを行うという違和感と、飛距離が今までのようにいかないというのがデメリットでしょう。

 

そもそもアイアンの長さが異なるのはなぜ?

 

そもそも論になってしまいますが、今までのアイアンはなぜ長さが異なるのでしょうか。理由は簡単。飛距離の差を出すためです

通常ロフト角(フェースの角度)とクラブの全長を変えて飛距離の差を生み出しています。

 

 

どこで買えるの?

もちろんゴルフショップでも購入することもできますが、アマゾンでも販売されていました。

 

イーデルゴルフのほうは見つかりませんでした。すみません。

 

 上記のコブラ製のアイアンとイーデルゴルフからワンレングスアイアンが発売されています。

 

www.edelgolfjapan.com

 

興味のある方はぜひ試してみてください。

 

ありがとうございました。

 

アイアンセットの種類と選び方

 

アイアンセットというのは頻繁に買い替える物ではないですが、その反面1度買ったら何年も使うことになるものなので買い替え時はかなり慎重になることでしょう。今回は買い替えのサポートになるようなアイアンセットを選ぶ際のアドバイスをさせていただきます。

アイアンセットの特徴

 

アイアンセットとひとくくりに言っても形状は様々で、それぞれ特徴があります。種類で分けていくとMB(マッスルバック)CB(キャビティバック)など色々あります。今日ではこの概念に当てはまらないアイアンセットも製造されてきています。何が違うのでしょうか。

MB(マッスルバック)

f:id:SHINKICHI:20170301204853p:plain

引用:

http://www.bs-golf.com/bs-products/club/iron/x-blade.html

いわゆるマッスルバックといわれるタイプのアイアンは難易度が高いといわれています。スイートスポットが狭く、ソールの幅が狭いのでミスにも敏感なので難易度が高いといわれています。しかし、このような難易度が高いマッスルバックにも選ばれる理由が勿論あります。まずは打感です。芯でとらえたときの打感は最高です。この打感に病みつきになる人は多いことでしょう。また、機能面では他のクラブに比べて操作性が秀でています。左右に曲げたり高低差を出したりするのには適していますが、うちこなすには技術を要するので、マッスルバック形状のアイアンは上級者向けのアイアンといえるでしょう。

CB(キャビティバック)

f:id:SHINKICHI:20170301205015p:plain

引用

http://www.bs-golf.com/bs-products/club/iron/x-cb.html

マッスルバックアイアンに比べ、キャビティバックアイアンは優しいといえます。MBと優しいアイアンの中間の位置づけになります。操作性と易しさを兼ね備えたアイアンといえます。しかし、先にも述べた通り様々な形状のアイアンが最近では製造されているので、この概念に当てはまらないクラブがたくさんあります。ではどのような基準で選んでいったらよいのでしょうか。

様々なニーズにこたえる昨今のアイアン

f:id:SHINKICHI:20170301210301p:plain

ここでは今までの概念には当てはまらないアイアンを紹介していきます。ここで紹介するのはいわゆる飛び系アイアンです。プロギアのEggや、テーラーメイドのグローレGアイアン、ピンのGアイアンなどが該当します。飛ぶアイアンであればみんなこぞって使うのでは?と、思う方もいらっしゃると思いますが、このアイアンにも欠点はあります。

 

それは次の項目で説明いたしますので、ここでは優れている点を紹介いたします。このアイアンの魅力は何といっても飛距離です。通常のアイアンの約2番手分ロフトが立っているので必然と飛距離が出ます。しかし、ロフトを立てただけでは難易度が上がります。そこで、ソールを分厚くし、ダフりに強く、重心を深くすることで、ミスに強く球が上がるアイアンになっております。

 

では、どのように選べばよいのか

 

それでは本題です。どのようにアイアンセットを選べばよいのか。飛距離重視のパワーヒッターは飛び系アイアンを使ってより飛距離を追求した方が良いのでしょうか。この答えはNOです。

 

もちろん、距離が出たほうがゴルフは簡単になりますが、飛んでしまう分、短い距離(100yd以内)に苦労してしまいます。

 

飛距離が出るということはショートアイアンでカバーしなければいけない距離が増えてしまうからです。解決策としてはウェッジを多めに入れればよいのですがそれではウッド類の本数に制限がかかってしまいます。なので、アイアンセットを選ぶ際はまず、ヘッドスピードに合ったロフト角のアイアンを選びましょう。目安として7番アイアンで150yd~160ydです。

 

飛び系のアイアンというのはヘッドスピードが落ちてきてしまった方向けに作られているので通常のヘッドスピードの方にはお勧めしません。そして、アイアンを選ぶ際に最も重要なのが何を求めるか。です。大きく分けると飛距離をアイアンに求めるのか、操作性をアイアンに求めるのか、この二つに分けられると思います。

 

飛距離を求めるのであれば必然的にロフト角が立っているアイアンを選ぶことになりますが、この時の注意点はシャフトの方さと重さです。平均的に見てロフト角が立っているアイアンにささっているシャフトは大抵の場合軽くて柔らかいモデルになります。ヘッドスピードが40ほどあるのにもっと飛距離がほしいからといって純正のシャフトがささった飛距離追求型アイアンを購入すると大変な苦労をすることになります。

 

なので、ヘッドスピードのある方が飛距離追求型アイアンを購入する場合はシャフトだけ特注で変えてもらいましょう。

 

あまりにも柔らかいシャフトを使ってしまうと、球がばらけてしまいますし、かえって飛距離をロスしてしまうこともあります。

 

また、操作性を求める方は必然的に難易度が上がってしまうことを覚悟しておいてください。ひと昔に比べれば操作性を備えたアイアンも優しくなってはいますが、難しいことに変わりはありません。反対にいえばですが、このアイアンを打ちこなせたら打てないアイアンはなくなります。自分への試練として買ってみるのもありかもしれません。

 

ありがとうございました。

タイガーと契約を交わしたテーラーメイドの最新ドライバー。

こんにちは。ゴルフブロガーの新吉です。今回はタイガーウッズが新たにクラブ契約先して選んだテーラーメイドの最新ドライバーM1.M2を取り上げていきます。

 

前作は初代Mシリーズとして販売され、ツアープロの間で大人気となりましたが、今回の2代目Mシリーズはどのような進化を遂げたのか。この記事内でまとめていきたいと思います。

 

 

M1・M2ドライバーの特徴

f:id:SHINKICHI:20170211003416p:plain

http://taylormadegolf.jp/M_driver_sp.html

M1に関してですが、前作はかなりハードなイメージが強かったですが、今作は優しい設計になっています。前作に比べたら優しくなっているという意味合いですが…。使用できるユーザーの層が広がったように思えます。

 

また、ツアー全体を見ても契約選手が多いことが伺えます。とても身売り先を捜しているとは思えません。

それでは細かく特徴を見ていきます。

 

特徴1.クラウンのカラーリング

f:id:SHINKICHI:20170211003514j:plain

http://taylormadegolf.jp/M2/DW-CCB90.html

 

 

テーラーメイドのクラウンといえば白色のカラーリングが特徴的ですが、前作は方向性を定めやすいように白と黒の二色でカラーリングされていました。

 

今作でも白と黒の二色で構成されているのは変わりませんが、色の構成比が変更になり、白色の部分の面積が減少しました。

 

どのような効果が得られるのかは個人によってさまざまですが、アドレス時の安心感や、スイング始動において効果を発揮するようです。

 

2.Tトラックシステムの重量変更(M1)

f:id:SHINKICHI:20170211003605j:plain

http://taylormadegolf.jp/M1-460/DW-CCB67.html?cgid=taylormade-drivers-shopByType&start=1

 ソール部に配置されている可変式のウェイトですが前後に動かすことのできるバックトラックウェイトの重さが変更になりました。(460㏄:10g→12g)(440㏄:10→15g)

 

前作よりも重くなったことで重心移動距離性能が向上しました。

 よりセッティングの幅が広がったということになります。

 

3.クラウンの軽量化

前作同様クラウンにカーボンを使用しています。カーボンを使用することで軽量化に成功し、余剰重量を生み出すとともに、低重心化にも貢献しています。

 

4.スピードポケットの進化(M2)

 

この部分がたわむことで飛距離を生み出す原理ですが、よりたわみによる効果が得られるようになりました。

 

個人的な評価

まずはどうしてもクラウンのデザインが気になってしまいます。2色になったことで方向性は定めやすいのですが、違和感はぬぐえません。またカーボンを組み合わせて製造しているので特有の模様は好みが分かれるところです。

 

試打音はかなり好みです。ゼクシオのような甲高い打音は苦手なので、引き締まった打音の今作は打っていて気持ちが良いです。

 

M1…つかまりが良くなったとはいえ、スライサーには向かないと個人的には思います。決してつかまりが良いクラブではないので。

 

 

 

GBB EPICドライバーに驚いた。

 

 

こんにちは。ゴルフブロガーの新吉です。

 

ナイキゴルフがクラブ事業から撤退し、ナイキ契約プロの新たな契約先が注目されましたが、その中でもひときわ注目されていたローリーマキロイ選手がキャロウェイのドライバーを使用することで話題となりました。

 

今回はそのキャロウェイ話題の新作GBB EPICドライバーを試打してきたのでこの記事に感想をまとめていきます。

 

 

販売されるクラブの紹介

f:id:SHINKICHI:20170131205117p:plain

引用:

http://www.callawaygolf.jp/mens-clubs/drivers/2017_gbb_epic_star_dr.html

今回は2機種のヘッドで販売されることとなっています。

まずはこちらのGBB EPIC STAR ドライバー

 

もうひとつはこちら。

f:id:SHINKICHI:20170131205843p:plain

引用:

http://www.callawaygolf.jp/mens-clubs/drivers/2017_gbb_epic_sub_zero_dr.html

こちらはGBB EPIC Sub Zero ドライバー

 

この2機種について詳しく述べていきます。

 

GBB EPIC STAR ドライバーとは

 

まずはこちらのGBB EPIC STAR ドライバーから紹介していきます。

GBB EPIC STAR ドライバーは日本限定モデルになります。いわゆる日本仕様のゴルフクラブということになります。

 

まず今回目玉のテクノロジーはこちらでしょう。

f:id:SHINKICHI:20170131211229j:plain

JAILBREAKテクノロジーは、初速と飛距離性能向上のために、ヘッドの動きを根本的に見直しました。
通常、インパクト時には、ドライバーのクラウン、ソール、フェースの全てがたわみ、復元する力で反発します。
しかし、これでは、上下にヘッドがたわむことで、エネルギーロスを起こしており、フェースの反発性能を最大化できていませんでした。
JAILBREAKテクノロジーは、クラウンとソールをつなぐ2本(約3g)のバー(チタン製)を、フェース後方に配置。
この2本のバーが、クラウンとソールの上下へのたわみを最小限に抑制することで、エネルギーロスを軽減。
フェース自体のたわみを最大化し、飛躍的にボール初速を向上します。

引用:

http://www.callawaygolf.jp/mens-clubs/drivers/2017_gbb_epic_sub_zero_dr.html

 

JAILBREAKテクノロジーです。この2本の柱が反発の効率をグンと上げています。

 

いわゆるたわみの効果を最大限に活かそうとしています。

 

このテクノロジーは過去のドライバー。グレートビッグバーサアルファドライバーにヒントがあったといいます。

 

テーラーメイドM2、タイトリスト917、ブリヂストンゴルフなどもヘッドをたわませて飛ばすということを考えています。

 

しかしキャロウェイの言い分はこうです。

f:id:SHINKICHI:20170131213118p:plain

引用:

http://www.callawaygolf.jp/special/gbb_epic/

 

今までのテクノロジーではたわむことはたわむが、よけいなたわみも同時にしていまい、エネルギーロスをしていると。

 

しかし、このJAILBREAKによりこのエネルギーロスを軽減させています。

2本の柱で上下のたわみを抑え、たわませたい部分だけにエネルギーを集中させています。

 

このテクノロジーは二つのヘッドに共通しています。次にこのヘッド特有の特徴を紹介していきます。

1.ペリメーターウェイティング

 

 

f:id:SHINKICHI:20170131215305j:plain

引用:http://www.callawaygolf.jp/special/gbb_epic/

今までのキャロウェイのゴルフクラブにも搭載されていたペリメーターウェイティングですが、EPIC STARには搭載されています。この重りを左右に動かすことで弾道、球筋を調整することができます。

 

前作までと比べ、より効果を発揮するようになっています。

 

2.トライアクシャルカーボン

f:id:SHINKICHI:20170131225845p:plain

引用:http://www.callawaygolf.jp/special/gbb_epic/

 

今回クラウンとソールの一部にはカーボンコンポジットを採用しています。チタンではなく、カーボンを使用することで軽量化に成功しています。ソールの中央が軽量化されたことで先ほど紹介したペリメーターウェイティングの効果がより発揮されます。

 

また個人的に注目したのはカチャカチャ機能が搭載されていないことです。

f:id:SHINKICHI:20170131232348p:plain

引用:

http://www.callawaygolf.jp/mens-clubs/drivers/2017_gbb_epic_star_dr.html

 

見た目がかなりすっきりしています。この見た目のクラブはいまどき珍しいですが…実はブリヂストンゴルフも最新クラブもカチャカチャ機能が搭載されていません。もっと言えばHONMAのゴルフクラブにもついていません。

しっかりと日本のマーケットを調査していることが伺えます。

 

GBB EPIC Sub Zeroドライバーとは

f:id:SHINKICHI:20170131205843p:plain

引用:http://www.callawaygolf.jp/mens-clubs/drivers/2017_gbb_epic_sub_zero_dr.html

 

次はこちらを紹介いたします。

簡単に言えばEPIC STARのハードモデルといえます。

 

このSub Zeroドライバーにはカチャカチャ機能が搭載されています。基本的なテクノロジーはEPIC STARと共通です。

 

しかし、重心が浅いというのが異なった点といえます。

ソールを見ると分かりますが、別付けの重りがフェース側に配置されております。この重りが浅重心を実現し、低スピンを実現させています。

 

試打してみると

 

さて。早速この二本を試打してきました。

まずはEPIC STARの試打感想から。

f:id:SHINKICHI:20170131205117p:plain

引用:

http://www.callawaygolf.jp/mens-clubs/drivers/2017_gbb_epic_star_dr.html

 

何といっても見た目がすっきりしている。これは先ほども述べた通りカチャカチャ機能が搭載されていないためです。

そしてフェースアングルですが、若干クローズ気味となっています。

 

そして気になる反発性能。JAILBREAKの効果を実感できたのかという疑問ですが、データで実感することができました。

 

打感は弾きを味わえる甲高い感触です。似ているクラブを挙げるのであればGドライバーを挙げます。

打感が非常に似ています。

 

そして、肝心の飛距離ですが、一発の飛びというよりも平均飛距離が伸びていました。

JAILBREAKの効果なのかミスヒットに強い印象を抱きました。

 

次にこちら。

f:id:SHINKICHI:20170131205843p:plain

引用:http://www.callawaygolf.jp/mens-clubs/drivers/2017_gbb_epic_sub_zero_dr.html

 

Sub Zeroドライバーですが、打感はEPIC STARとは異なります。EPIC STARは甲高い打感だと紹介いたしましたが、Sub Zeroは引き締まった打感に仕上がっています。

 

そして、比べると若干ディープフェースになっています。

正直私にはハードでした・・・。

 

ヘッドスピードがあり、ひっかけ癖がある方にはおすすめができます。

 

 

終わりに

以上がキャロウェイの新作ドライバーの紹介になります。毎回革新的なテクノロジーを搭載したクラブを製造してくれるキャロウェイ。今回も素晴らしいクラブを製造してくれました。

 

ぜひ試打してみてください。

 

ありがとうございました。