【スポンサーリンク】

これからゴルフを始めたいんだけどまず何をすればいいの⁉︎①

👍人気記事セレクション

こんばんは。

 

現在日本では年々ゴルファー人口が減りつつあります。来店されるお客様を見ていても明らかに若い方が少ないです。ゴルフを衰退させたくない。たくさんの方にゴルフを趣味にしていただきたい。

そこで、

まず何をすればいいの⁉︎

という声にお応えして、ゴルフデビューまでのプロセスをお教えします。

ステップ①ゴルフショップに足を運んでみよう。

いきなり練習場に行って玉を打ってみるというわけにもいかないので、とりあえずはゴルフショップに行ってみましょう。

 

ここで、ゴルフに対する

 

悪いイメージを払拭してもらいたい‼︎

 

よく言われるのが「お金がかかるんでしょう⁉︎」

 

そう。ゴルフに抱くイメージはお金持ちのスポーツ。そういったイメージを抱いている方が多いと感じます。

はっきり言います。

道具にこだわらなければそんなことはありません。

新品で買おうとするとなかなかの額になってきますが、中古であれば比較的安価で済みます。

なので最初は中古ショップに足を運んでみてください。そこでできれば店員さんにこれから始める旨を伝え、一緒に選んでもらいましょう。

 

そのなかで、スターターセットというものを勧められることがあると思います。

 

スターターセットというのはキャディバッグとクラブがついていて、それさえあればラウンドができるものです。(小物は除く)

 

できればスターターセットは選択して欲しくないです。

  • 値段の割に内容が薄い
  • これから続けていくのであればすぐに要らなくなる
  • 品質が良いとは言えない

以上の理由が選択して欲しくない理由です。しかし、一から選ぶのが面倒な方や、今日明日には使いたいといった方は購入されても問題はありません。

 

理想はアイアンはアイアン。パターはパターと初心者なりに選んで買っていただきたいです。その方が愛着がわきます。最初のクラブにお金をかける必要はありません。

いずれ、好きなブランドができるとおもいます。

ステップ②練習場に行ってみよう

「え⁉︎いきなり⁉︎」

そう。いきなりです。雑誌を買っても、テレビで見ても面白さは全くわかりません。

ここは勇気を出して練習場に行きましょう。

ステップ①をスキップするのもアリ‼︎

大丈夫です。たいていの練習場にはレンタルクラブが存在します。ボーリング場もビリヤード場と似たようなものです。レジャー施設として捉えてみましょう。

 

f:id:SHINKICHI:20160207012036j:plain

このとき注意するのが服装です。

 

スウェット、ジーンズは避けましょう。入場不可というわけではありませんがスタッフからは印象が良くないと思われます。

 

また、オススメの服装は襟付きのもの、パンツはチノパンやスラックスがオススメです。

ただし、コースを回るわけではないので、そこまで厳格ではないです。

 

練習場に着いたらここでも初心者ということを隠さずスタッフに相談しましょう。

仕組み、打席の取り方、レッスンの可否など丁寧に教えてくれるはずです。

 

以上が前半の内容となります。

 

次回はコースデビューまでの手順を書いていきます。

 

購読ありがとうございました。