【スポンサーリンク】

プロゴルファー選手名鑑「ブラント・スネデカー」

👍人気記事セレクション

こんばんは。

 

PGAツアーも2016年シーズンが始まり、メジャー大会であるマスターズが約2ヶ月後に迫った今日この頃。

 

今回はある選手について書いていきます。

 

私がプロゴルファーの中で一番好きな選手、

 

今シーズン絶好調で、マスターズの優勝も期待できるブラント・スネデカー選手についてです。

 

どんな選手か

 

1980年12月8日生まれの35歳。

 

アメリカ テネシー州出身。

 

クラブ、ウェア契約はブリヂストン

 

ブラント・スネデカー選手がブリヂストンのクラブを使っていたことが私もブリヂストンのクラブを使うことになったきっかけです。

f:id:SHINKICHI:20160216222105j:plain

復活!ブラント・スネデカーが2シーズンぶりの優勝を逆転で飾った 2015年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ 最終日 ブラント・スネデカー フォトギャラリー|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

好きになったきっかけ

スネデカー選手のことを知った時、私はまだゴルフに興味がありませんでした。

親と一緒に試合を見ていた時、偶然スネデカー選手が映りそこで初めて知りました。

 

強烈なインパクトがありました。

 

何もゴルフのことを知らない私が見て思ったことは

 

え❔もう打つの❔

 

そうです。

 

スネデカー選手はとにかく打つのが早い。スイングが早いということではなく構えてから打つのが猛烈に早い。

 

現在、スロープレー対策が色々行われていますが、スネデカー選手には必要ないでしょう。

 

そんなことからスネデカー選手に惹かれていった私。

 


ブラント・スネデカー 練習ラウンド@2011ブリヂストンオープン

 

ルーティーンが早いとどんなメリットがあるのでしょうか。

 

ルーティーンが早いメリット

ルーティーンが早いということは

迷う時間が少なくなる、もしくは無くなる。

 

という、メリットが生じます。

 

構えてからスイングするまでに時間がかかりすぎてしまうと、

 

方向はこの方向でいいのだろうか、スライス、フックはしないだろうか。

 

など、余計なことを色々考えてしまいがちです。

 

ならば、迷う暇を与えなければいいのです。

 

勘違いしてはならないのが、早く打つのと雑に打つのは違います。

 

いくら早くとも丁寧に。

 

スネデカー選手は13秒。

 

どのクラブを打つ時も13秒で打ちます。これは構えてからの時間ではなく、ルーティーンの時間です。

 

最後に

今シーズンTOP10入りが3回、そして優勝が1回とシーズン序盤から絶好調なスネデカー選手。

メジャー優勝をしてほしい。切実に願うばかりです。今年は期待できます。

 

ゴルフは見ていてつまらないと言われる方が多いですが、違った視点から見てみるとゴルフをしていない方でも面白いと感じることができるかもしれません。

是非、4月のマスターズを見てみてください。

 

ありがとうございました。