読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【スポンサーリンク】

スコッティ キャメロンのパターを購入したのでスコッティキャメロンについてまとめてみる。

ゴルフ パター スコッティキャメロン

👍人気記事セレクション

 

こんばんは。

 

 えーついに買ってしまいました。

f:id:SHINKICHI:20160627111616j:plain

 

f:id:SHINKICHI:20160627111636j:plain

スコッティキャメロン 1998 ニューポート トレリウム ロングネック

 

 

1998年に発売され、あのタイガーウッズも使用したと言われている名器ですが、、、

 

なぜ購入に至ったのか。

 

また、スコッティキャメロンについても触れていきたいと思います。

 

スコッティキャメロンとは

 

PGAツアープレーヤーのバッグの中で最も重要で個人的なクラブはパターです。
現在ツアーで断然人気のあるパターは、1993年以来のカリスマであるスコッティキャメロンのスタジオから生み出されています。 PGAツアーでの使用率は40%を超え、2013年シーズン は世界のツアーで76もの優勝を勝ち取っています。 パッティングを芸術、さらには科学として捉え、世界に名だたるPGAツアープレーヤーたちの信頼を一手に受けています。
パターはもちろんのこと、そのアクセサリーにまで世界中に熱狂的なコレクターを持ち、その勢いはとどまるところを知りません。

引用:http://www.cameron-museum.com/about-scotty-cameron

 

歴史

 

1962年11月 アメリカ カリフォルニア州 グランデールで生まれる
大学時代、ゴルフ部に在籍しながら、地元のゴルフショップで働き出す
1986年 レイクック社に入社 (24歳)
デザインのみならず、製造やツアープロモーションなど、様々な分野に足を踏み入れる。
1991年 独立
1992年 プロモート活動のため来日(宮崎)
USPGAツアー パター使用率 2位となる
1993年 ベルンハルト・ランガー(ドイツ)がキャメロンのパターを使いマスターズ優勝
これにより、スコッティ・キャメロンの名は一躍世界中に知れ渡る
1994年11月 タイトリスト社と契約
1995年 タイトリストブランドとして初の「クラシックシリーズ7モデル」をリリース
「ニューポート」「コロナド」「カタリナ」「ラコスタ」「デルマー」「ナパ」「ラグーナ」
彼の生まれ育ったカリフォルニアの地名が名付けられたこのシリーズは、幾度かの改廃を経て、今なお、世界中のプレーヤーに愛され続けるスタンダードモデルである。
1996年 タイガー・ウッズがキャメロンのパターを使いプロ初優勝
(ラスベガスインビテーショナル)
1997年 タイガー・ウッズがキャメロンのパターを使い、マスターズに優勝
トレリウムシリーズが大ブレークする
この年以来、キャメロンの手によるパターは、
PGAツアーで使用率、勝利数ともにNO.1を独走
1997年 クラシックシリーズがオイルカン仕様にリニューアルする
1998年 プロプラチナムの新シリーズをリリース
2000年 タイガー・ウッズがキャメロンのパターを使い、「全英オープン」「全米オープン」「全米プロ」のメジャー3勝を達成
2002年 スタジオステンレスシリーズをリリース
2003年 初のネオマレットの「フューチュラ」をリリース
2004年 「RED-X」をリリース
工房スタジオをカールスバッドに移す
2005年 「スタジオスタイル」をリリース
2006年 「サーカシリーズ」をリリース
2008年 「スタジオセレクトシリーズ」をリリース
2009年 「スタジオセレクトコンビ」をリリース
2010年 「カリフォルニアシリーズ」をリリース
2012年 「Newカリフォルニアシリーズ」をリリース

引用:

http://www.cameron-museum.com/about-scotty-cameron

 

 

分かりやすいものがあったので一応載せておきます。

 

今や多くのツアープロが使用しているこのスコッティ・キャメロン。

 

現在はタイトリストの一つのブランドとして運営していますが、最初からそうだったわけではないんですね。

 

さて、その魅力はどこにあるのか。

秘密を探っていきます。

 

スコッティ・キャメロンの魅力

 

①値段

 

まず、他メーカーと比べて値段が高いです。安くて54.000円くらいでしょうか。

中古ではもう少し安価なものはご用意がありますが、なかなか高額商品です。

 

それもあこがれのパターと呼ばれる一つの所以でしょう。

 

高いモデルだとウン百万円するものも…

 

②デザイン

 

まずは現行版のデザインをご覧ください。

 

 

f:id:SHINKICHI:20160627104111j:plain

引用:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/putters/select/

f:id:SHINKICHI:20160627104221j:plain

引用:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/putters/select/

 

このシンプルなデザイン。全く飽きが来ません。

 

www.youtube.com

パターができるまでの動画です。工場見学してる気分になれますよ!

 

 

③使用選手

f:id:SHINKICHI:20160627105115p:plain

引用:http://www.scottycameron.com/tour

 

なんて便利な画像なんでしょうか。

 

日本人契約プロも多数います。

 

海外で活躍している松山英樹選手もスコッティ・キャメロンのパターを使用しています。

 

PGAツアー(米国男子ツアー)の使用率は40%を超えるといわれています。

 

非常に多くの選手から支持を受けていることが分かります。 

 

④現行モデルの特徴

ニューポート

 

f:id:SHINKICHI:20160627110001j:plain

 

丸みを帯びた形状とプランビングネックが特徴。

 

このモデルがTheスコッティキャメロンです。

 

今回のモデルはフェースに注目。

f:id:SHINKICHI:20160627110511j:plain

f:id:SHINKICHI:20160627110520j:plain

引用:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/putters/select/

 

ボールがヒットする部分だけ複合素材を使用することでソフトな打感に仕上げています。

 

前作からの変更点はグリップにも表れています。

f:id:SHINKICHI:20160627111211j:plain

 

 

 

引用:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/putters/select/

 

前作に比べ若干太くなっています。

 

 

いかがでしたか?

皆さんも機会があればスコッティキャメロンを試してみてください。

 

ありがとうございました。