【スポンサーリンク】

「スリクソンZ65シリーズ」一挙に試打してきました〜

👍人気記事セレクション

 

こんばんは。

 

今回はこの秋新しく発売されるスリクソンのZ65シリーズについてとことん書いていきます。

 

 

2年振りの新作。松山英樹選手もアイアン、そしてドライバーをテストしている最中のクラブ。前作との違いや、今回から加わった特徴などを個人的感想を交えながら解説していきます。

 

 

Z65ドライバー

今回も前作同様、3つのラインナップになっています。

 

Z565

 

f:id:SHINKICHI:20160808120254j:plain

Z765

 

f:id:SHINKICHI:20160808120316j:plain

Z765リミテッドモデル

f:id:SHINKICHI:20160808120325j:plain

 

正直このZ765リミテッドモデルは松山選手の為だけに作ったのではないかと思っています。

現在松山選手はZR30という約8年前のモデルのドライバーを使用しております。

一瞬Z565に差し替えましたが次の試合では元のドライバーに戻しています。

 

今やスリクソンの広告塔である松山選手が8年も前のドライバーを使用していたとしたら消費者はどう考えるのでしょうか。

クラブが進化してないのでは?

 

ZR30が最高のクラブなのか?

 

なんて考える方が現れてもおかしくないですよね。

 

反対に捉えればここまでクラブにこだわる松山選手が新製品を使用したら、これほど宣伝になるものはないでしょう。

 

こういったことから松山選手好みのドライバーを製作したのではないかと内心思っております。

 

さて、今回のドライバーにはどんな特徴があるのでしょうか。

 

まずは何と言ってもソールに施された溝でしょう。

この溝をパワーウェーブソールと言います。

 

どんな働きをしてくれるのか。

 

インパクトの瞬間この溝の働きによってクラブがたわみ、よりボールを反発させます。

ボールがインパクトによって潰れ、原型に復元するスピードと、クラブがたわみ、ボールと同じく復元するこの二つのスピードが近くなればなるほど飛距離が上がると言われていますのでこの効果を実感できるのではないでしょうか。 

 

さて、細かく見ていきます。

Z565ドライバー

f:id:SHINKICHI:20160808120254j:plain

 

今回ラインナップされている中でいちばんやさしいモデルになります。

ヘッド体積はルール上限の460cm³。

構えてみると460cm³というのをいい意味で感じさせない顔つきに感じました。

そして、打ってみると何とも甲高い打音球離れが早く、はじいているのが伝わってきます。

前作よりもゼクシオの打感に近づいたような印象を持ちました。

 

Z765ドライバー

f:id:SHINKICHI:20160808120316j:plain

操作性と寛容さを兼ね備えたモデルになります。

ヘッド体積は445cm³。

 

Z565ではひっかけ気味になってしまう方にはこちらがおすすめです。

 

Z65アイアン

 

今回のラインナップは…

 

Z565

f:id:SHINKICHI:20160721111224j:plain

 

Z765

f:id:SHINKICHI:20160721111210j:plain

 

Z965

f:id:SHINKICHI:20160721111024j:plain

 

優しいアイアンがブームの中マッスルバックアイアンを製造してくれるのはうれしいですね。

 

今回アイアンは全体的にサイズアップしています。

前作のアイアンと比べてみると一回り大きくなったように見えます。

ゼクシオに寄せてきたのでしょうか~

 

さて、細かく見ていきます

 

Z565アイアン

f:id:SHINKICHI:20160721111224j:plain

 

いちばんやさしいモデルになります。

ヘッドサイズは今回ラインナップされている中で一番大きいモデルになり、また、ロフト角も7番で31°とストロングロフト設計になっています。

 

今回改良が加えられたV.T.ソール。このおかげなのかソールが芝をすべる感覚を実感できました。ダフリにかなり強いアイアンといえます。

 

Z765アイアン

f:id:SHINKICHI:20160721111210j:plain

 

今回のアイアンの中でいちばんもバランスの取れているモデルといえるでしょう。

構えた感じも程よいサイズ感。

965アイアンでは厳しい…という方にお勧めができるアイアンになります。

 

ちなみに…

 

スリクソンアイアンのシャフトについてご存知でしょうか?

主にスチールシャフトに関して言えることなんですが、同じダイナミックゴールドS200のシャフトでもスリクソンのアイアンに挿さっているシャフトは特別なんです。

 

なにが違うのか。

 

ざっくり言うと軽くて振りやすい!

 

 

f:id:SHINKICHI:20160808124432j:plain

 

ダイナミックゴールド DST シャフト

シャフトをよく見ると、DSTと記載されているのが見えます。

このDSTとは…

シャフトを手元重心化してヘッドスピードを上げつつ、ヘッド重量を重くして運動エネルギーを高めボールスピードをアップさせる『デュアル スピード テクノロジー』(D.S.T.)

引用:http://golf.dunlop.co.jp/term/ter143/

 

シャフト重量を見てみると、一般のダイナミックゴールドS200より約15グラム軽い設計になっています。また、重心も手元側に寄せているので全体的に降りやすい設計になっています。

 

画像の引用はスリクソン公式HPからさせていただきました。

golf.dunlop.co.jp

 

魅力がたっぷり詰まった今回のZ65シリーズ。

ぜひ近くの店頭で試してみてください。