読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【スポンサーリンク】

キャロウェイ新作アイアン「スチールヘッド」

👍人気記事セレクション

こんにちは。ゴルフブロガーの新吉です。

 

今回はキャロウェイから新しく発売されたスチールヘッドアイアンについての記事です。

f:id:SHINKICHI:20160926112232p:plain

引用:http://www.callawaygolf.jp/mens-clubs/irons/2016_steelhead_xr_ir.html

 

 

位置づけとしてはXHOTの後継モデルになります。キャロウェイは現在、ビックバーサ、APEX、XR、ビッグバーサベータなど様々なラインナップがあるので、クラブの位置づけ(ターゲット層)はどの世代なのか。と、迷ってしまう可能性があります。

 

この中で言うとこのスチールヘッドアイアンは中級。XRと同じような位置づけという認識でいいと思います。(XRって商品名の中に書いてあるくらいですもんね)

 

特徴

まず最初にこのアイアンの特徴を述べていきます。

まずは、360°カップフェース

フェースのすべてを、カップフェースにしています。どんな効果をもたらすかというと反発性能が格段に向上します。

今回のアイアンも飛びに特化したアイアンといえます。

ロフト角は7番アイアンで30°

 

そしてなんといってもS2H2これが最大の特徴ではないでしょうか。

 

「S2H2」とは、短く〈Short〉、まっすぐに〈Straight〉、貫通した〈Hollow〉、ホーゼル〈Hosel〉の頭文字から命名された。

引用:http://blog.hatena.ne.jp/SHINKICHI/shinkichi.hatenablog.com/edit?entry=10328749687183571931

 

画像で解説するとこんな感じです。

f:id:SHINKICHI:20160926114041j:plain

引用:http://www.callawaygolf.jp/mens-clubs/irons/2016_steelhead_xr_ir.html

 

普通のアイアンと比べると、異なったデザインであることが分かりますね。

どんな効果をもたらしてくれるのかというと、重量配分を適正な位置に配置することが可能になりました。

 

実際に打ってみた

構えてみると、XRよりもトップブレードが細いことがわかります。

 

打感はXR、ビッグバーサベータのような打感。360°カップフェースの影響だと思われます。しかし、XRと比べると若干ですがやわらかいです。

そのうえ、弾き感を感じることができました。

 

ショートアイアンはひっかけ防止のため、グースが少なめの設計になっています。

 

どんな人におススメできるか

払い打ち傾向にある方

最近飛距離に悩んでいる方

球をはじいているような打感が好きな方

 

これらが当てはまる方にはおすすめができるアイアンなので是非お試し下さい。

ありがとうございました。