【スポンサーリンク】

スライスを解消してくれるドライバー9選

👍人気記事セレクション

 

こんばんは。アマチュアゴルファー新吉です。

 

今回のお題はスライス。

 

誰しもが1度はその壁にぶち当たったことがあるのではないでしょうか。

 

スライスは一度入ると長いトンネルです。

 

もう抜け出した方はともかく、まだトンネルの途中の方は読んでみてください。

 

 

スライスする原因とは

 

まず、なぜスライスが起きるのか知っておきましょう。

 

スライスといっても原因は様々です。スライスする原因をいくつか挙げていきます。

 

  1. カット軌道でクラブを振っている。
  2. インパクトをフェースが開いた状態で迎えている。
  3. 切り返し時状態が突っ込んでしまっている。

 

とりあえず3つを挙げさせてもらいました。ほかにもいろいろ原因はあります。

 

カット軌道でクラブを振るというのは典型的なスライサーの方に見られます。

 

球が右に行ってしまう

     ↓

左に打ち出そうとしてアウトサイドに上げて振り下ろす

     ↓ 

ギア効果がクラブとボールに生じ、スライス回転がかかる

 

このようなメカニズムになります。

 

そして、クラブを変更することによって解消されるのは2番のみです

(場合によっては1番も多少改善することも。)

 

なので今回の記事はオープンフェースでインパクトを迎えてしまう方向けです。

 

というより、雑誌等で紹介されているスライスする方向けのドライバーというのはインパクトをいかにスクエアに迎えられるのか、というドライバーを紹介しています。

 

その中でもおすすめのクラブを紹介していきます。

 

ヘッドスピードが早いスライサーの場合

ヘッドスピードが速いというのはあいまいな表現かもしれませんが、おおよそ43.44 以上だと、今回は考えていただきたいです。

 

最初に、ヘッドスピードに遅れないシャフトを選ぶことが大切です。

 

柔らかすぎると、タイミングがばらばらになり、安定した球を打つことが難しくなります。

 

そして、ヘッドスピードに負けない衝突力を持ち合わせたヘッドが必須です。

 

以上のことからお勧めできるドライバーは、

 

①PING Gドライバー SFTEC

 

SFTECというのはStraight Flight Technology(ストレートフライトテクノロジー)の略称になります。

真っすぐ飛ばすことに特化したモデルになっております。

 

 

 

他のモデルと何が違うのか。

 

 

 

それはヘッド後方の重りの位置がシャフト寄りに設計されている点です。

重心がシャフト寄りになることで、ヘッドの返りが良くなります

ヘッドの返りが良くなることでつかまりが良くなるというメカニズムです。

 

 まとめた記事はこちら。

 

blog.shinkichigolf.net

 

 

②キャロウェイ XR16 ドライバー

 

こちらのドライバーは重心距離(シャフトから重心までの距離)が短いのでヘッドの返りが良くなっています

また、純正のシャフトもつかまりを促進してくれるようになっています。

 

 

まとめた記事はこちら。

 

blog.shinkichigolf.net

 

③ブリヂストン J815 ドライバー

 

こちらも捕まりがとても良いクラブです。

 

ヘッド面積が大きく見えるので、安心感を与えてくれます。

 

しかし、クラウンのデザインが賛否両論かもしれません。

 

しかし、そんなデザインも気にならないくらいの打感の良さ。

 

ぜひ試していただきたい。

 

ヘッドスピードが平均的なスライサーの場合

 

ヘッドスピードが40前後の方にオススメしたいクラブは…

 

 

①グローレF ドライバー

 

これもヘッドの返りが良いです。

 

女子プロ、シニアプロの多くの方が使用しています。

 

このぐらいの重量帯のクラブであれば力むことが減ると思うのでオススメです。

 

 

アウトサイドから振り下ろしてしまうというのは力みから来ている可能性があります。

今のクラブより軽いクラブを使うことで解消されるかもしれません。

 

 

②ブリヂストン JGRドライバー

 

前作のGRから進化してGRシリーズが帰ってきました。

 

ブリヂストンといえばグローバル展開を本格的に行っていく過程でツアーステージブランドを終了させましたが、GRシリーズは継続していくみたいですね。

 

 前作から何が変わったのか。

 

まず、フェース面にパワーミーリングという技術が施されています。

このミーリングのおかげで、バックスピンが減ります。

 

私は同時にサイドスピンも減ったような気がしました。

 

そして、ヘッド後方内部に施されているスピードアーク。

 

インパクト時のたわみを反発させる効果を持ちます。

 

③ミズノ JPX E3 sv

 

これはとにかく捕まる。

 

他のクラブと比べてこのクラブが優れている点は…

 

捕まり具合を調節できる

 

画期的です。

 

ヘッド後方のウェイトを調節することで個々のプレイヤーにあった捕まりを与えてくれます。

 

 ヘッドスピードが遅めなスライサーの場合

 

ヘッドスピードがそんなにないスライサーの方は少ないとは思いますが、一応紹介しておきます。

 

①ゼクシオ9 ドライバー

 

今回のゼクシオはスイングを変える

 

大きく出ました。

 

従来のクラブは今のスイングを持ってクラブが球筋を変える。というスタイルでした。

 

しかし今回のゼクシオは違います。

 

シャフトの重心位置を手元側に配置し、ヘッドを前作よりも2グラム増やした

 

そうすることでクラブが体の近くを通ろうとします。

 

結果としてコックが保たれ、理想のインパクトを迎えられるようになります。

 

アウトサイドから振り下ろすスライサーの方にはオススメのクラブです。

 

②グローレGドライバー

 

このクラブはとにかく軽い。

 

そして振りやすい。

 

ヘッドの形状がシャローなので球が簡単に上がってくれます。

 

また、このクラブも同じく外付けのウェイトがシャフト寄りに配置されているので、

ヘッドの回転が良いクラブです。

 

③HONMA Bezeal ドライバー

 

ここに本間がノミネート。

 

ツアーワールドシリーズではありません。

 

ヘッド内部に施されたインナーウェイトと、外付けのウェイトが捕まりをよくしています。

 

シャフトはつかまりが良く、球も上がりやすい先調子系となっています。

 

まとめ

 

以上がスライスを軽減してくれるであろうクラブです。

 

しかし、紹介したものがすべてではありません。

 

色々なクラブを試してみてください。

 

ありがとうございました。