【スポンサーリンク】

店員が証明。値引きってできるの?ゴルフクラブ編

👍人気記事セレクション

 

こんばんは。アマチュアゴルファー新吉です。

 

今日は値引きについてです。

 

値引き交渉をしたことある方、無い方いると思いますが

 

店員からしてみると、値引きをしてあげたい方、あんまりしたくない方がいるのは事実です。

 

なので今回は実例を交えながら値引きのコツを記していきたいと思います。

 

 

値引きできるものできないもの

f:id:SHINKICHI:20160322122706j:plain

 

まず初めに、全ての商品が値引きできるわけではないです。

 

すでに値段が下がっているもの、チラシ等の特価品

 

などは値引きの対象外ととらえておきましょう。

 

なので、対象は定価で売られているゴルフクラブです。

 

鉄則①値段については極力触れない

 

f:id:SHINKICHI:20160322122856j:plain

 

来店一番に

 

このクラブいくらになるの?

 

なんてこと言うのはアウトです。

 

ネットだとこの値段なんだけどもっと安くならない?

 

アウトofアウトです。

 

実際に言われたことがあります。

 

正直なところ、ネットには値段では勝てません。

 

値段以外どうでもいいという方はネットで購入をお勧めします。

 

ちなみにそのお客様にはネットでの購入をお勧めしました。

 

ネット上には模倣品が流通している場合がございますのでご注意ください。

 

話が少しそれてしまいましたが、値段については最後の最後に聞くものだと捉えておいてください。

 

では、まず最初に何をすべきか。

 

熱意、購入意欲を伝える。これにつきます。

 

鉄則②熱意、購入意欲を伝える

 

f:id:SHINKICHI:20160322123027j:plain

 

まずはどれだけクラブがほしいか、または、こんな悩みがあるんだけど解消してくれるいいクラブはないか探しにきた。

 

理由は何でもいいです。

 

とにかく

 

欲しい!

 

という思いを自分なりに伝えてみましょう。

 

これが一番大事だと思います。

 

いかに店員に

 

このクラブを使ってほしい。

 

と、思わせるかが値引きにおいて一番大事だと考えるからです。

 

鉄則③何度か通ってみる

f:id:SHINKICHI:20160322140317j:plain

 

 

店員からしてみると、値引きをしてあげたい方、あんまりしたくない方がいるのは事実です。

 

と、さきほど言いましたが購入する方からしたらあの人から買いたい、この人は何と無く嫌だ。など、好み、相性があるはずです。

 

お時間があるのであればいろんな店舗、もしくは同じ店舗でも構わないので様々な店員と触れ合ってみましょう。

 

もし仮に、最初に出会った店員さんと相性が良かったとしても何度通ってみるべきです。

 

それは、店員と交流を深めるという目的があります。

 

仲良くなり、何度か足を運んでいくとそれだけで購入意欲が店員に伝わります。

 

忙しい中お時間を作るのは難しいとは思いますが参考にしてみてください。

 

鉄則④店員は1人に絞る

f:id:SHINKICHI:20160322140612j:plain

 

これはいちいち書かなくとも…と、思う方が多いと思いますが一応書いておきます。

 

同じ店員さんと何度も交流していくと、店員は自分のお客さん、常連さん。という認識になります。(合間合間に小物を購入するとより効果的)

 

なので、値引きの際にも○○さんだから特別に…だとか、いつも来ていただいてるんで…

といった店員のほうから少し安くしてくれる、もしくは値引きの交渉が安易になるはずです。

 

まとめ

 

まずは、値段ことは一切口に出さないこと。

 

そして、欲しいという想いを伝えること。

 

これをマスターすれば値引きマスターに。(なんかせこい)

 

ありがとうございました。