【スポンサーリンク】

ホットリスト2016受賞クラブ決定!受賞クラブで勝手にランキングつくるよ~

👍人気記事セレクション

こんにちは。

 

今年もこの時期がやってまいりました。

f:id:SHINKICHI:20160418112230j:plain

引用:http://lesson.golfdigest.co.jp/gear/hotlist/2015/driver.html

(画像は去年のもの)

 

そうです。

 

ホットリストジャパンです!

 

そこで今回は勝手に受賞クラブの中でランキングをつけてみようと思います。

なぜこのクラブが受賞したのか。など独自の見解を交えながら紹介していきます。

 

ホットリストジャパンとは

“HOT LIST”とは、米国「Golf Digest」誌が2004年から実施しているゴルフギアのレーティング企画。同誌は30万ドル以上(2012年度)のコストをかけ、100年を超えるゴルフ業界での経験をもとに審査を行っている。“HOT LIST JAPAN”は、2012年からスタートし、2016年で5度目を迎えた。
日本で発売されている最新のゴルフクラブ(2015年4月から2016年4月まで)を対象に、ゴルフクラブに造詣の深い「有識者」と呼ばれる、金谷多一郎(プロゴルファー)、マーク金井(クラブアナリスト)、鹿又芳典(クラブフィッター)、関雅史(PGA公認A級インストラクター)4名とゴルフギアライターや販売店、ゴルフ精通する「特別審査員」、HC0~20の腕前を持つ「一般ゴルファー」、計30名で構成される試打テスターが、GDO審査員が定める規定の条件や審査方法にそって試打テストを行い、総合評価点によってドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン、ウェッジ、パターの各カテゴリーに「ゴールド賞」「シルバー賞」を与える。

引用:http://www.golfdigest.co.jp/hotlist/about/#about_contents2

 

簡単に言うとクラブの評価番付です。TVでもよくみかける4人の特別審査員、そして一般ゴルファー30名が評価を行います。

 

賞にはゴールドとシルバーがあります。

 

毎年行われていて、その年の目玉のクラブの中から選りすぐりのクラブを選出しています。

 

今年の受賞クラブ(ドライバー)

 

 

キャロウェイゴルフ XR16

f:id:SHINKICHI:20160418113906j:plain

キャロウェイゴルフ グレートビッグバーサ(GBB)

f:id:SHINKICHI:20160418113958j:plain

オノフ AKA

 

f:id:SHINKICHI:20160418113804j:plain

タイトリスト VG3

f:id:SHINKICHI:20160418113641j:plain

 ダンロップ ゼクシオ9

f:id:SHINKICHI:20160418113746j:plain

テーラーメイド M1 460

f:id:SHINKICHI:20160418113752j:plain

テーラーメイド M2

 

f:id:SHINKICHI:20160418113827j:plain

 

PING Gシリーズ(Gドライバー、SF TEC、LS TEC)

f:id:SHINKICHI:20160418113758j:plain

f:id:SHINKICHI:20160418113838j:plain

 

ホンマゴルフ Be ZEAL(ビジール) 525

f:id:SHINKICHI:20160418113847j:plain

ミズノ JPX EⅢ sv

f:id:SHINKICHI:20160418114003j:plain

ヤマハ RMX 116.216

f:id:SHINKICHI:20160418124437j:plain

f:id:SHINKICHI:20160418113943j:plain

 

全部で14本のクラブがゴールドを受賞しました。

 

ここからランキングに入っていきます。

 

スライスに効くドライバーランキング

※全クラブをランキング化すると膨大な数になるので今回の記事ではドライバーに限らせていただきます。

 

1位 キャロウェイ XR16

f:id:SHINKICHI:20160418113906j:plain

堂々の一位です。

間違い無くこのドライバーが一番スライスを減少させてくれます。

 

前回のXRと比べ、さらにフェースが薄くなっています。

フェースを薄くできたことで反発エリアが拡大。芯を外しても飛距離が出ます。

 

詳しくはこちらから 

 

blog.shinkichigolf.net

 

2位 ゼクシオ9ドライバー

f:id:SHINKICHI:20160418113746j:plain

残念ながら2位という結果になってしまいましたが、1位のクラブに引けを取らないくらい捕まりが良いクラブになります。

 

ヘッドスピードがある方は、キャロウェイXR16を。

 

ヘッドスピードがそんなに早くない方はゼクシオ9ドライバーを。

 

3位 ミズノ JPX EⅢ svドライバー

f:id:SHINKICHI:20160418114003j:plain

重心距離がもともと短い上に移動式ウェイトを設けたことで 捕まり具合を調整できます。

クラウンのデザインが賛否両論みたいですね。

 

フックに効くドライバーランキング

1位 テーラーメイド M1ドライバー

f:id:SHINKICHI:20160418113752j:plain

テーラーメイドといえば低浅重心ですが、まさにそのことを実感できるクラブ。

 前作(R15)では1つだった調整ウェイトが今作では2つになっています。

 

どういうことか・・・

 

重心距離だけで無く、

 

今作では重心深度も自在に変更できるようになりました。

 

詳しくはこちらから

 

blog.shinkichigolf.net

 

2位 ping Gドライバー LS TEC

f:id:SHINKICHI:20160418113838j:plain

LSTEC というのは、ロー・スピン・テクノロジーの 略称です。

 

その名のとおり、低スピンを実現するためにソールウェイトを従来よりもフェース寄りに配置しています。

 

もともと重心距離が長いヘッドなのでフックしてしまう方にオススメです。

 

3位 ヤマハ RMX 116ドライバー

f:id:SHINKICHI:20160418124437j:plain

ヘッド体積が445ccとなっており、460ccのクラブが多い今日では珍しいヘッドになっています。

 

構えた顔はこの中で一番美しく感じました。

 

飛距離性能に長けているドライバーランキング

 

1位 テーラーメイド M1ドライバー

f:id:SHINKICHI:20160418113752j:plain

プロでの使用率が高いことでも知られています。低浅重心なので扱える人が使えば高初速の球が打てます。

2位 PING Gドライバー

f:id:SHINKICHI:20160418113916j:plain

世界屈指の飛ばし屋でもあるバッバ・ワトソンも使用しているPINGのドライバー。

 

潜在能力は計り知れません

 

 

3位 キャロウェイ XR16ドライバー

f:id:SHINKICHI:20160418113906j:plain

3位にランクインしたXR16ドライバーは私自身がした中で一番飛んだクラブなのでランクインさせていただきました。

 

シャフトはGP-6との相性が抜群でした。

 

個人的にほしいクラブランキング

 ここからは私自身がほしいと思うクラブです。

 

1位 キャロウェイ XR16ドライバー

f:id:SHINKICHI:20160418113906j:plain

 

記事を読んでいて途中でお気づきになった方もいるかもしれませんが、今年1のクラブだと感じています。

 

打ってもらえればその理由がわかるはずです…。

 

2位 PING Gドライバー SF TEC

f:id:SHINKICHI:20160418113916j:plain

私自身がスライス系の球を打つことが多い、空気抵抗の減少を感じることができる。この2点がほしいと思う理由です。

 

 

3位 タイトリスト VG3 ドライバー

f:id:SHINKICHI:20160418113641j:plain

前作のVG3も売った感触は良かったのですが、いかんせんデザインがパッとしませんでした。

 

しかし今作は違います。デザインをD2.D3のようなデザインに近づけ万人受けのクラブに仕上げました。

 

デザインがいい。性能もいい。ほしくない理由が見当たりません。

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか。

 

大変恐縮ながら勝手にランキングをつけさせていただきました。

 

各々好みがあると思いますので、迷った際には参考にしていただけたら幸いです。

 

ありがとうございました。