読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【スポンサーリンク】

ゴルフ人口を増やすにはどのような対策を取れば良いのか

👍人気記事セレクション

こんにちは。ゴルフブロガーの新吉です。

 

ここ近年、毎年減少しているゴルフ人口。2014年のデータによると日本には720万人のゴルファーがいるとされています。

 

多く感じるか、少なく感じるかは人それぞれですが、減少傾向にあるのは間違いありません。

f:id:SHINKICHI:20170120110556p:plain

引用:http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/newsfail/2015/2015-golfjinko.html

上記の表を見てもらうとわかる通り、毎年ゴルフ人口は減り続けています。ここで言うゴルフ人口とは年間1コースをラウンドしたかどうかで判断しています。

 

なぜここまでプレー人口が減ってしまったのでしょうか。そして、このままプレー人口は減り続ける一方なのでしょうか。

 

ゴルフ人口が減った理由

f:id:SHINKICHI:20170120133202p:plain

 

ゴルフの最盛期はバブル期。もっと前でいうと日本でゴルフのワールドカップ(カナダカップ)が開催された時でした。(1957年)

 

ゴルフというのは娯楽で楽しむ方が大半なので生活に余裕がなければ楽しむことができなかったスポーツです。いわゆるお金持ちのスポーツというものです。現在でもそのように言われることが多々あります。

 

 

バブルが崩壊し、生活水準が下がる傾向になるとどうしても娯楽にお金を使わないようになってきます。

 

ここから減少の一途をたどっていきます。

 

ゴルファーの新規参入が減り、段々とゴルフ人口の減少が露呈してきました。昨年はゴルフ業界の2015年問題という言葉を多く聞きました。

 

ゴルフ業界の2015年問題とは

「ゴルフ業界の2015年問題」というのを知っているだろうか。

これは、2015年あたりにゴルフ需要の長期減少が顕在化するというものだ。具体的には、少子高齢化によってゴルフ対象人口が減少するとともに、ゴルフを実際に行う参加率も落ちる、さらにライト・ゴルファー(たまにゴルフを行う者)の減少も重なる。

ある試算によると、2016年には11年に比して、ゴルフ人口は17%減、ゴルフ施設入場者数10%減という数字が出ている。

その結果、ゴルフ需要に対して施設の供給過多になり、「余剰ゴルフ場」が発生すると見られる。有体に言えば、閉鎖するゴルフコースが増えるということだ。すでに経営が困難になっているゴルフ場は潜在的にかなりの数あると見られ、それらの閉鎖やホール減が相次いで来るだろう。

引用:http://bylines.news.yahoo.co.jp/tanakaatsuo/20130705-00026214/

このようにゴルフ人口の減少が様々な業界に波及効果を与えてしまうのがゴルフ業界の2015年問題。実際にはそれほど被害はなかったそうですが、先延ばしになっただけで根本的な解決はできていません。

 

ゴルフ人口がなぜ減少していったのか。という問いに対しての解ですが、一つ目は景気が挙げられます。ゴルフの発展、普及と国内の景気は大きくかかわっていると思います。

 

また、新たにゴルフを始める人が少ないのはゴルフクラブの値段への偏見が大きくかかわっているように感じています。

 

ゴルフをしている。というと、お金持ちだね。だとか、初期費用相当かかったでしょ?だとか、どうしても高額商品という固定概念があるように感じられます。

 

この考え、間違ってはいません。高いものはべらぼうに高い。手が届かないくらい高いゴルフクラブも存在します。

 

しかし、中古ショップに目を向けてみると案外想像よりはるかに安いと感じることができるでしょう。

 

f:id:SHINKICHI:20170120134047p:plain

新品の価格であれば手の届かないモデルであっても型落ちクラブであれば3分の1ほどの値段で入手することも可能です。

 

ゴルフ人口を増やすには?

 

まずは

 

ゴルフ=お金がかかる

 

この概念を壊すことが大切でしょう。ゴルフはお金がかからないとは言いません。もちろんかかることはかかります。こだわればこだわるほどお金はかかりますしかし、趣味で楽しむ程度であればそこまでの負担はありません。

 

しかし、この概念を壊すのは難しいでしょう。

 

それならば逆転の発想でゴルフに費やすお金はどれだけ高額であっても厭わない。そのくらいゴルフの魅力を周知すれば少しは何かが変わってくるのかもしれません。

 

blog.shinkichigolf.net

 この記事でゴルフの魅力をたくさん語っているので良ければ読んでみてください。

 

また、現在のプレースタイルを変えていこうという提案も出てきています。ゴルフは通常18ホールをプレーするスポーツですが、広大な土地を使用するので移動にどうしても時間がかかり、ゴルフをするだけで一日が終わってしまうこともあります。

 

そこにメスを入れます。気軽にゴルフを楽しんでもらうため、18ホールプレーではなく9ホールプレーを推進しようとしています。9ホールであれば本来かかる時間の半分でゴルフが行えるうえに体力も消耗も少なくゴルフを楽しむことができる。現在は段々と9ホールでのプランが増えてきているので着実に普及しつつあるプレースタイルです。

 

終わりに

 

 

長々と書いてきましたがいかがでしょうか。近頃はゴルフ場が減り続けているので自分たちがシニア世代になった時ゴルフを近場で快適に行うことができるのか心配になる時があります。

 

生涯スポーツと表現してよいのか湧かrませんが、ここまで長く行うことができるスポーツも珍しいと思います。

 

魅力がたくさん詰まったゴルフ。ぜひ始めてみてください。

 

ありがとうございました。