読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【スポンサーリンク】

GBB EPICドライバーに驚いた。

ゴルフ 新製品 試打

👍人気記事セレクション

 

 

こんにちは。ゴルフブロガーの新吉です。

 

ナイキゴルフがクラブ事業から撤退し、ナイキ契約プロの新たな契約先が注目されましたが、その中でもひときわ注目されていたローリーマキロイ選手がキャロウェイのドライバーを使用することで話題となりました。

 

今回はそのキャロウェイ話題の新作GBB EPICドライバーを試打してきたのでこの記事に感想をまとめていきます。

 

 

販売されるクラブの紹介

f:id:SHINKICHI:20170131205117p:plain

引用:

http://www.callawaygolf.jp/mens-clubs/drivers/2017_gbb_epic_star_dr.html

今回は2機種のヘッドで販売されることとなっています。

まずはこちらのGBB EPIC STAR ドライバー

 

もうひとつはこちら。

f:id:SHINKICHI:20170131205843p:plain

引用:

http://www.callawaygolf.jp/mens-clubs/drivers/2017_gbb_epic_sub_zero_dr.html

こちらはGBB EPIC Sub Zero ドライバー

 

この2機種について詳しく述べていきます。

 

GBB EPIC STAR ドライバーとは

 

まずはこちらのGBB EPIC STAR ドライバーから紹介していきます。

GBB EPIC STAR ドライバーは日本限定モデルになります。いわゆる日本仕様のゴルフクラブということになります。

 

まず今回目玉のテクノロジーはこちらでしょう。

f:id:SHINKICHI:20170131211229j:plain

JAILBREAKテクノロジーは、初速と飛距離性能向上のために、ヘッドの動きを根本的に見直しました。
通常、インパクト時には、ドライバーのクラウン、ソール、フェースの全てがたわみ、復元する力で反発します。
しかし、これでは、上下にヘッドがたわむことで、エネルギーロスを起こしており、フェースの反発性能を最大化できていませんでした。
JAILBREAKテクノロジーは、クラウンとソールをつなぐ2本(約3g)のバー(チタン製)を、フェース後方に配置。
この2本のバーが、クラウンとソールの上下へのたわみを最小限に抑制することで、エネルギーロスを軽減。
フェース自体のたわみを最大化し、飛躍的にボール初速を向上します。

引用:

http://www.callawaygolf.jp/mens-clubs/drivers/2017_gbb_epic_sub_zero_dr.html

 

JAILBREAKテクノロジーです。この2本の柱が反発の効率をグンと上げています。

 

いわゆるたわみの効果を最大限に活かそうとしています。

 

このテクノロジーは過去のドライバー。グレートビッグバーサアルファドライバーにヒントがあったといいます。

 

テーラーメイドM2、タイトリスト917、ブリヂストンゴルフなどもヘッドをたわませて飛ばすということを考えています。

 

しかしキャロウェイの言い分はこうです。

f:id:SHINKICHI:20170131213118p:plain

引用:

http://www.callawaygolf.jp/special/gbb_epic/

 

今までのテクノロジーではたわむことはたわむが、よけいなたわみも同時にしていまい、エネルギーロスをしていると。

 

しかし、このJAILBREAKによりこのエネルギーロスを軽減させています。

2本の柱で上下のたわみを抑え、たわませたい部分だけにエネルギーを集中させています。

 

このテクノロジーは二つのヘッドに共通しています。次にこのヘッド特有の特徴を紹介していきます。

1.ペリメーターウェイティング

 

 

f:id:SHINKICHI:20170131215305j:plain

引用:http://www.callawaygolf.jp/special/gbb_epic/

今までのキャロウェイのゴルフクラブにも搭載されていたペリメーターウェイティングですが、EPIC STARには搭載されています。この重りを左右に動かすことで弾道、球筋を調整することができます。

 

前作までと比べ、より効果を発揮するようになっています。

 

2.トライアクシャルカーボン

f:id:SHINKICHI:20170131225845p:plain

引用:http://www.callawaygolf.jp/special/gbb_epic/

 

今回クラウンとソールの一部にはカーボンコンポジットを採用しています。チタンではなく、カーボンを使用することで軽量化に成功しています。ソールの中央が軽量化されたことで先ほど紹介したペリメーターウェイティングの効果がより発揮されます。

 

また個人的に注目したのはカチャカチャ機能が搭載されていないことです。

f:id:SHINKICHI:20170131232348p:plain

引用:

http://www.callawaygolf.jp/mens-clubs/drivers/2017_gbb_epic_star_dr.html

 

見た目がかなりすっきりしています。この見た目のクラブはいまどき珍しいですが…実はブリヂストンゴルフも最新クラブもカチャカチャ機能が搭載されていません。もっと言えばHONMAのゴルフクラブにもついていません。

しっかりと日本のマーケットを調査していることが伺えます。

 

GBB EPIC Sub Zeroドライバーとは

f:id:SHINKICHI:20170131205843p:plain

引用:http://www.callawaygolf.jp/mens-clubs/drivers/2017_gbb_epic_sub_zero_dr.html

 

次はこちらを紹介いたします。

簡単に言えばEPIC STARのハードモデルといえます。

 

このSub Zeroドライバーにはカチャカチャ機能が搭載されています。基本的なテクノロジーはEPIC STARと共通です。

 

しかし、重心が浅いというのが異なった点といえます。

ソールを見ると分かりますが、別付けの重りがフェース側に配置されております。この重りが浅重心を実現し、低スピンを実現させています。

 

試打してみると

 

さて。早速この二本を試打してきました。

まずはEPIC STARの試打感想から。

f:id:SHINKICHI:20170131205117p:plain

引用:

http://www.callawaygolf.jp/mens-clubs/drivers/2017_gbb_epic_star_dr.html

 

何といっても見た目がすっきりしている。これは先ほども述べた通りカチャカチャ機能が搭載されていないためです。

そしてフェースアングルですが、若干クローズ気味となっています。

 

そして気になる反発性能。JAILBREAKの効果を実感できたのかという疑問ですが、データで実感することができました。

 

打感は弾きを味わえる甲高い感触です。似ているクラブを挙げるのであればGドライバーを挙げます。

打感が非常に似ています。

 

そして、肝心の飛距離ですが、一発の飛びというよりも平均飛距離が伸びていました。

JAILBREAKの効果なのかミスヒットに強い印象を抱きました。

 

次にこちら。

f:id:SHINKICHI:20170131205843p:plain

引用:http://www.callawaygolf.jp/mens-clubs/drivers/2017_gbb_epic_sub_zero_dr.html

 

Sub Zeroドライバーですが、打感はEPIC STARとは異なります。EPIC STARは甲高い打感だと紹介いたしましたが、Sub Zeroは引き締まった打感に仕上がっています。

 

そして、比べると若干ディープフェースになっています。

正直私にはハードでした・・・。

 

ヘッドスピードがあり、ひっかけ癖がある方にはおすすめができます。

 

 

終わりに

以上がキャロウェイの新作ドライバーの紹介になります。毎回革新的なテクノロジーを搭載したクラブを製造してくれるキャロウェイ。今回も素晴らしいクラブを製造してくれました。

 

ぜひ試打してみてください。

 

ありがとうございました。