【スポンサーリンク】

マスターズの経済効果はどれほど?

👍人気記事セレクション

4大メジャー大会の一つとして存在するマスターズ。ですが、マスターズというのは他のメジャー大会と比べても特別な存在です。特別な存在を表すように、このマスターズはゴルフの祭典とも呼ばれています。

f:id:SHINKICHI:20170609213511j:plain

そんなマスターズですが、大会期間中どれほどの経済効果があるのかを考察しつつ、まとめていきたいと思います。

 

チケット代

f:id:SHINKICHI:20170609212432j:plain

まず入場者数ですが、カウントは練習ラウンドが行われる月曜日から、最終日の日曜日までをカウントします。本戦が行われる木曜日から日曜日の各入場者数は約4万人。(チケット35000枚+α)

大会期間中よりもチケット代が安価な月曜日から水曜日は本戦期間中よりも来場者が多いと予想します。さらに水曜日はマスターズの名物イベントであるパー3コンテストが行われるので、月曜日から水曜日の3日間は来場者を月曜日、火曜日は4万人とし、水曜日を5万人と予想します。

 

すると、累計来場者数は29万人となります

 

そしてチケット代ですが正規に買うとすれば、月曜日から水曜日は1枚65ドル。そして木曜日から日曜日は325ドルとなります。

これを計算すると、月曜日から水曜日の来場者数は累計13万人、チケット代が65ドルなので、130.000×65=8.450.000となります。日本円に換算すると約9億円になります。

そして、本戦期間中はチケット代が325ドルと跳ね上がり、来場者は35000人。1日の来場者が35000人として、4日間行われるので、35.000×4=140.000

140.000×325=45.500.000となり、これも日本円に換算すると約50億円

チケット代だけで約60億もの経済効果を生み出しています。さらに連日足を運ぶ方や、遠方からやってくる方もいるので宿が必要になりますので、オーガスタナショナル付近に宿泊施設にも恩恵は及びます。

マスターズ開催期間中はオーガスタナショナル付近にある宿泊施設の宿泊費が高騰し、高いところでは普段の20倍の値段がするそうです。

 

物販 

f:id:SHINKICHI:20170609212750j:plain

そして、チケット代に加え、グッズ販売も行っているので、そこからも経済効果は生み出されます。チケットを購入して入場する方は約29万人。そしておそらく招待者もいると思うので、29万人+α

一人当たり100ドル使用すると計算しても約3000万ドル。日本円に換算すると約30億円とすることができます。

 

放映権 

f:id:SHINKICHI:20170609213129j:plain

また、最後に忘れてはならないのが放映権です。マスターズの番組制作は調べたところ、CBSが行なっているようです。

 

そこから、CBSがマスターズ運営委員会に制作費を請求し、その後、マスターズ運営委員会はCBSの製作したものを海外に向けて販売していきます。その額はおよそ2500万ドル、日本円に換算すると27億5000万円です。

 

ここまでの累計はチケット代が59億円、物販が30億円、そして、放映権料が27億5000万円なので、116億5000万円となります。今回の試算は低めに見積もっているので、最低この額といった見方をしていただければ幸いです。

 

細かいことを言えば、今回の試算額はマスターズのみで生み出されるものになるので、周辺の商業施設、ホテル、レストラン、オーガスタナショナルまでの交通、その他諸々を考えれば相当な額がこのゴルフの祭典で動いていることになります。

 

そんなことも考えながら観戦すればマスターズはもっと面白くなると思います。