【スポンサーリンク】

自分にあったクラブを選んでみよう。パター編

👍人気記事セレクション

 

現在様々な形状のヘッドが販売されているパター。

いろんな種類があるということは選択肢が増えるということなのでいいことしかないように思えるかもしれませんが、購入する際、なかなか踏み切れないことがあるかと思います。

そこで今回はパター選びのポイントを紹介していきます。

 

大きく分けて3種類?

f:id:SHINKICHI:20170611221543j:plain

冒頭で多くの種類があると述べましたが、実は3種類に分けることができるのです。 どういう意味なのか。次に解説していきます。

ヘッドのバランス?

お持ちのパターを水平にして持ち上げて見てください。(机などにおいてみるのもよいです)フェースがどこを向いているかで区別することができます。次に詳しく見ていきます。

1.フェースバランス

まず最初はフェースバランス。 パターを水平にした時にフェースが真上を向くパターを指します。特に大型のマレットパターがこのバランスであることが多いです。

どのような特徴があるのか。

端的に言えばまっすぐに引いてまっすぐに打っていきたい人向けのパターになっています。

ヘッドがストロークを手助けしてくれるので、AT車のような存在と言えるでしょう。

まっすぐに引けてまっすぐに打ち出していける方用と言った方が正しいかもしれません。 パターのデータをとってみるとわかるのですが、多くの方は体の近くを通そうとしてしまい、どうしても内側にヘッドが入ってしまうのです。

 

しかし、このフェースバランスのパターを使い続けることによって、ストロークの軌道が修正されることもあるので、矯正の役割を果たしてもくれます。

2.トゥヒールバランス

今度は水平にした時にフェースが斜め上を向くモデルです。特にピン型のパターに多く見られます。

フェースバランスと、ヒールバランスの中間と言えます。

3.ヒールバランス

パターを水平にするとトゥヒールバランスよりも横を向くものを指します。主にL字パターに多く見られます。

石川遼プロ、藤田光里プロなどが使用しています。

PGAツアーではフィル・ミケルソン選手が使用しています。

フェースが開閉しやすいので、操作性には優れています。車でいうとMT車のような存在です。

パターは大きく分けると以上の3種類に分けることができます。 これを踏まえてどのようにして選んで行けば良いのでしょうか。 それは自分自身がパターをどのように打っていきたいかで変わってきます。

まとめ

f:id:SHINKICHI:20170220125921j:plain

ヘッドに頼ってストロークしたい方はAT車のようなフェースバランスのパターを。 自分の感性に従って、邪魔をしないヘッドを求める方はヒールバランスのパターを。 ヘッドの優しさも欲しいけれど、自分の感性も生かしてパッティングをしたいという方はトゥヒールパターを。 多くの種類があって迷うこともあると思いますが、参考になればと思います。

 番外編 オデッセイトゥアップ

ただ、この3種類、どこの部類にも属さないパターというものも少なからず存在します。

その中の一つ、トゥアップパターを簡単に紹介します。 トゥというのはヘッドの先端を指します。

通常のパターであればこのトゥの部分は下に垂れるのですが、トゥアップパターは水平にしてもトゥが上をを向いたままの特殊なパターです。

昨今話題に上がるブライソンデシャンボー選手も同じ製品ではありませんが、このモデルと同じようなバランスのパターを使用しています。

 

メーカーさん曰くどのようなストロークタイプの方にもフィットするというので興味ある方は是非試して見てください。